メインメニューを開く

パトリス・タロン: Patrice Talon1958年5月1日 - )は、ベナンの政治家、実業家。2016年4月6日から、同国の大統領を務める。フルネームはパトリス・ギヨーム・アタナーズ・タロン (Patrice Guillaume Athanase Talon[1])、またはパトリス・アタナーズ・ギヨーム・タロン (Patrice Athanase Guillaume Talon[2])。

パトリス・タロン
Patrice Talon 2016-04-06.jpg
ベナンの大統領
就任
2016年4月6日
前任者 ヤイ・ボニ
個人情報
生誕 (1958-05-01) 1958年5月1日(61歳)
フランスの旗フランス領ダホメ
政党 無所属
配偶者 クロディーヌ・グベナニョン・タロン
子供 2人
出身校 シェイク・アンタ・ジョップ大学
宗教 ローマ・カトリック

経歴編集

綿花産業との関わりから「綿花王」として知られる。ヤイ・ボニ大統領の後援者で、2006年と2011年の大統領選挙ではボニに選挙資金を提供した[3]。しかし、のちに2人の関係は険悪となり、タロンはボニ暗殺の陰謀に加担していたとして逮捕され、2012年にフランスに亡命した。その後、2014年にタロンは赦免された[4]

タロンは2016年3月の大統領選挙に、無所属で立候補した。選挙の第1回投票では「新生ベナンのタカラガイ軍」に所属するリオネル・ザンス首相に次ぐ2位につけたが、第2回投票では65%を得票し当選した。3月25日の演説でタロンは「まず初めに、まっさきに憲法改革に取り組む」と述べ、「ひとりよがりな」政治を避けるために、大統領の任期を5年に制限する自らの計画を論じた。タロンはまた、内閣の規模を28名から16名に縮小することも計画していると述べた[5]

2016年4月6日、タロンは大統領としての宣誓を行った[6]。後日、タロン政権の陣容が公表された。首相は置かず、また先の大統領選挙で敗北し、その第二回投票でタロンを支援したパスカル・クパキとアブドゥライ・ビオ=チャヌの2名がそれぞれ大統領府事務総長と企画開発相という要職に起用された[7]

人物編集

ポルトノボ出身の女性と結婚しており、2人の子がいる。

脚注編集