パトリセ・トロボアダ

パトリセ・エメリー・トロボアダポルトガル語: Patrice Emery Trovoada1962年3月18日 - )は、サントメ・プリンシペの政治家。2008年2010年から2012年2014年から2018年の三度、同国の首相を務めた。

パトリセ・トロボアダ
Patrice Trovoada
Patrice Trovoada in 2012 - cropped version.jpg
パトリセ・トロボアダ(2012年)
生年月日 (1962-03-18) 1962年3月18日(58歳)
出生地 ガボンの旗 ガボン
所属政党 独立民主行動

在任期間 2008年2月14日 - 2008年6月22日
元首 フラディッケ・デ・メネゼス
在任期間 2010年8月14日 - 2012年12月12日
元首 フラディッケ・デ・メネゼス
在任期間 2014年11月29日 - 2018年12月3日
元首 マヌエル・ピント・ダ・コスタ
エバリスト・カルバリョ
テンプレートを表示

経歴編集

父は1991年から2001年まで首相を務めたミゲル・トロボアダ[1]で、コンゴ民主共和国の初代首相、パトリス・ルムンバにちなんで名づけられた。2001年9月から2002年2月4日まで外相を務め[2]、その後はフラディッケ・デ・メネゼス大統領の石油顧問を務めたが「自らの地位を悪用し、私的な利益を生み出している」として2005年5月に罷免された[3]

現在は独立民主行動(ADI)の幹事長を務める[1]2006年7月の大統領選に立候補し、対抗馬の本命と目されたが得票率は38.82%に留まり、現職のメネゼスに敗れた[4]。2008年2月14日にトメ・ベラ・クルス首相が辞任すると、メネゼス大統領から首相に指名された[5] 。同年3月4日にはガボンを手短に公式訪問した[6]。しかし、発足からわずか3ヶ月の5月20日、国会に野党のサントメ・プリンシペ解放運動社会民主党(MLSTP/PSD)から問責決議案が提出された[7][8]。決議案は賛成30票、反対23票、棄権2票で可決され[8]、トロボアダ内閣は総辞職。その翌月にメネゼス大統領がMLSTP/PSDに組閣を要請し、ジョアキン・ラファエル・ブランコ党首を首班とする新内閣が発足した[9]

その後、2010年の議会選で首相に復帰したが、国会での過半数を失い、2012年12月12日に政権を降りた。2014年11月29日に3度目の首相に就任し、2018年の議会選でADIは第1党を守ったものの過半数を割り込み、野党連合に政権を奪われることとなった[10]

脚注編集

  1. ^ a b "De Menezes looks set for second term", AFP, August 1, 2006.
  2. ^ Rulers.org, September 2001 and February 2002.
  3. ^ "Oil minister resigns as controversy dogs award of second offshore block", IRIN, May 18, 2005.
  4. ^ Elections in São Tomé and Príncipe, African Elections Database.
  5. ^ "Investiture du nouveau gouvernement santoméen", Panapress (afriquenligne.fr), February 15, 2008 (フランス語).
  6. ^ "Le Premier ministre santoméen arrive à Libreville", Xinhua (Jeuneafrique.com), March 5, 2008 (フランス語).
  7. ^ "Sao Tome MPs pass no confidence motion against government", Radio France Internationale (nl.newsbank.com), May 20, 2008.
  8. ^ a b "Parlamento são-tomense aprova moção de censura contra Governo"[リンク切れ], Panapress, May 20, 2008 (ポルトガル語).
  9. ^ "Líder da oposição em São Tomé Príncipe designado primeiro-ministro", Panapress, June 12, 2008 (ポルトガル語).
  10. ^ “Presidente são-tomense demite governo de Trovoada”. África 21 Digital. (2018年11月23日). https://africa21digital.com/2018/11/23/presidente-sao-tomense-demite-governo-de-trovoada/ 2018年11月24日閲覧。 
公職
先代:
ジョアキン・ラファエル・ブランコ
  サントメ・プリンシペ民主共和国外務大臣
2001年 – 2002年
次代:
マテウス・メイラ・リタ英語版
先代:
トメ・ベラ・クルス英語版
  サントメ・プリンシペ民主共和国首相
第18代:2008年
次代:
ジョアキン・ラファエル・ブランコ
先代:
ジョアキン・ラファエル・ブランコ
  サントメ・プリンシペ民主共和国首相
第20代:2010年 - 2012年
次代:
ガブリエル・コスタ英語版
先代:
ガブリエル・コスタ
  サントメ・プリンシペ民主共和国首相
第22代:2014年 - 2018年
次代:
ホルヘ・ボム・ジェズスフランス語版