パトリック・スター

パトリック・スター: Patrick Star)とはテレビアニメ『スポンジ・ボブ』に登場するヒトデのキャラクターであり、スポンジ・ボブの親友であり、物語における準主人公でもある。

苗字のスターはヒトデにちなんでいる[1][要検証]

マヌケでドジばかりだが、スポンジ・ボブを兄弟のように大事にしている。食べることと寝ることが大好き。

パトリック・スター
スポンジ・ボブとパトリック
好きなもの:クラゲ、ドーナツ、睡眠

嫌いなもの:クモ、思考、いじめっ子[2]

初登場 バイト募集中」(1999)
制作 ステファン・ヒレンバーグ
声優 谷育子(シーズン1 - 8)

かぬか 光明(劇場版2、シーズン9以降)

長嶝高士(劇場版1、劇場版2予告編)

ビル・ファーガーバッケ(原語版)

描いた人 ダニー・スキナー(ブロードウェイ)
種類
ヒトデ
性別 男性

キャラクターはステファン・ヒレンバーグによって考案され、初出は1999年5月1日に放送されたパイロット版バイト募集中」である。彼は、頭が悪く常識に疎いため、時折親友のスポンジ・ボブをトラブルに巻き込む。一方で、ボートの運転が得意(77話)だったり芸術的センスがあったり(158話)する[1]


体の色はピンクで、太った体をしている。性格はのんびり屋で食いしん坊。一人称は「オイラ」。普段はボケ役だが、真面目になるとツッコミもする。


パトリックは批評家やファンからもよい印象を受けている。

彼はまた、2004年の長編映画「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービー」と2015年の映画「スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!」でも活躍している。

概要編集

パトリックは、スポンジ・ボブのマヌケだが面白い親友である。彼はビキニタウンイカルドの隣にある岩の下に住んでいる。また、家の家具は全て砂でできている。

食いしん坊でのんびり屋の無職(但しカニカーニで何度か働いたことがある)。頭はとても悪いが一度だけ「天才になるサンゴ」を被ったことがある。

スポンジボブにアドバイスすることがよくあるが、基本的に役に立たないアドバイスばかりしている。まれに真っ当な事を言う時もあるが本人は大体覚えていない。

ちなみにボート(スポンジボブの世界の自動車)の免許を持っている。

説明編集

頭がかなり悪く、字の読み書きが苦手で、鉛筆を使うとき「字が出ない」と言ったり、自分でたった今食べたにもかかわらず、自分のお菓子をスポンジ・ボブがとったと思ったり、スポンジ・ボブから「僕のズボンの形はなんでしょう?」と言われても分からなかったり、遊園地の乗り物の制御装置をスポンジ・ボブと勘違いしたり、トランシーバーを使うときに中に閉じ込められたりして「今助けに行くから」と言って壊したりなど頭はかなり悪いようにも見えるが、本人曰く頭の悪さは「その時による」(『テレビ出演』)。また、彼が集中出来る時間は約0.02秒である[3]

ただし、「図書室ってなあに?」ではスポンジ・ボブに勧められ、大量の本を読み、一気に知識を詰め込んで一時的に賢くなったこともある[4]。ちなみに、マヨネーズが楽器かどうかわからないらしい[5]

また、「最も役に立たない男」としてトロフィーを貰ったことがある。スポンジ・ボブ曰く「何もできないことの達人」(『いとこのスタンリー』)。

普段家ではテレビを見たり、昼寝をしたり、スポンジ・ボブと遊んだりしている。スポンジ・ボブから食べ物などをもらっているシーンもある。

時々スポンジ・ボブに助言したりアドバイスをしたりすることがあるが、大抵役に立たないことばかりである。適切な意見を言った場合、自分でも意味が分からない。カーニやイカルドからは頭の悪さを呆れられていることが多いが、スポンジ・ボブだけは例外であり、困った時などに彼に相談したり助けてもらうことも珍しくない。怒ると非常に恐く、暴走して周囲に迷惑をかけるが、ナイーブなところもある。無職(ただし、『フライ料理選手権』ではフライ料理選手権に出たいがために、エサバケツ亭で一時働いた。また、『タダ食いパトリック』と『休暇なんて大嫌い』などではカニカーニで働いたことがある)。怖い物は、グローブワールドという遊園地のマスコット、グロービー・グローブ(シーズン8ではグロービーの衣装を着たがっていた一面もある)。

彼は、カニカーニやエサバケツ亭で一時的に働いているときを除いて無職である。そのため、ほとんどの時間はスポンジボブと一緒に遊園地「グローブワールド(現在はグローブワールドユニバース)」に行ったり、クラゲを捕まえたり、彼が住んでいる岩の下でのんびり過ごしたりして過ごしている。家では、寝たり、テレビを見たり、何もせずに過ごしたりしている。彼の岩の下の空間にあるすべての家具は砂でできており、パトリックは必要に応じて家具をすぐに建てることができる。それでも、彼の家には、最小限の必需品しか置いていない。

スポンジ・ボブでの役割編集

彼の親友であるスポンジボブは別として、パトリックのナイーブでありながら天才的な計画や解決策を思いつく能力にしばしば感銘を受けているパトリックは彼の周りの人々を頻繁に苛立たせ、最も単純な質問や主題に困惑している。 カーニ氏やイカルドなどのキャラクターはパトリックの愚かさに我慢できず、前者は彼にあまり気を配らない。カーニの声優(原語版)のクランシー・ブラウン氏は、「パトリックは愚かすぎて何の仕事もできない。そのため、彼(カーニ氏)が雇わないのは唯一パトリックだけだ」と語った。ちなみに サンディはしばしばパトリックに悩まされるが、それでも彼を友人だと見なしている。

ちなみに、番組のキャラクターは、独自の足音を持っている。パトリックの足音はこの番組のフォーリークルーによって録音され、フォーリーのタレントはスリッポンを履いている。ショーのサウンドデザイナーであるジェフハッチンズ氏は、「裸足で存在感を高めるのは難しいので、パトリックは靴を履いて鳴らすことにした。」そうである。

キャラクター編集

作成とデザイン編集

ステファン・ヒレンバーグは子供の頃から海に魅了され、また、芸術の才能を伸ばし始めた。大学では海洋生物学と芸術を専攻した。1984年に卒業した後、海洋教育機関であるオーシャンインスティテュート(英語版)に参加し、後に「スポンジ・ボブ」の制作につながったThe Intertidal Zoneという漫画を作った。 1987年、ヒレンバーグはアニメーションのキャリアを追求するために退職した。

数年間カリフォルニア芸術大学で実験的なアニメーションを勉強した後、ヒレンバーグはアニメーションフェスティバルで、『ロッコーのモダンライフ』のクリエイターであるジョー・マレー(英語版)に会った。マレーはヒレンバーグにシリーズのディレクターとしての仕事を提供した。『ロッコーのモダンライフ』の作家の1人であるマーティン・オルソン(英語版)は、The Intertidal Zoneを読み、ヒレンバーグに同様のコンセプトのテレビシリーズを制作するように勧めた。その時点で、ヒレンバーグは自分のシリーズを制作することを考えていなかったが、すぐにこれがチャンスであることに気付いた。『ロッコーのモダンライフ』の制作が1996年に終了した直後、ヒレンバーグはスポンジ・ボブに取り組み始めた。

番組のキャラクターについては、ヒレンバーグはコミックからキャラクターのデザイン(ヒトデカニスポンジなど)を描き、使用し始めた。彼はパトリックのことを「おそらく町で最も馬鹿な男」と表現した。彼は、動物の自然を体現するヒトデとして考案された。

ヒレンバーグによれば、ヒトデは「愚かでゆっくり」に見えるが、実際にはパトリックのように「非常に活発で攻撃的」だと言っている。ヒレンバーグは、「ユーモラスな状況や登場人物とその欠点について」を強調するために、話題のユーモアではなく登場人物のコメディーを番組に取り入れた。

普段は良い心を持っているように描かれているにもかかわらず、パトリックはいくつかのエピソードでかんしゃくを持っていることがわかっている。パトリックの感情的な爆発は、もともと、スポンジボブとサンディがパトリックにバレンタインデーの贈り物を贈ろうとする最初のシーズンのエピソード「バレンタインデー」のためにのみ書かれており、一度だけのものになるはずだった。しかし、エピソードライターのジェイレンダーによれば、「その番組が戻ってきたとき、彼の暗い面がいたるところに現れ始めたのは正しかった。あなたはあなたが望むすべてを前もって計画することができるが、キャラクターは結局彼らが誰かを告げる」と語った。

声優編集

原語版のパトリックの声は俳優のビル・ファーガーバッケが演じている。彼は、パトリック以外にも多くのキャラクターの声を担当している。

メディア展開編集

パトリックは、ボードゲーム、コミックブック、キーホルダー、ぬいぐるみ、トレーディングカード、ビデオゲームなど、他のスポンジ・ボブ関連のメディアにも出演している。

パトリックは、スポンジ・ボブの最初の長編映画化である『スポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービー』で主要な役割を担っている。この映画は2004年11月19日に公開され、世界的に1億4,000万ドルを超える経済的成功を収めた。

また、2015年に公開された 『スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!』では、パトリックは(スポンジボブ、イカルドカーニ、プランクトンと共に)ライブアクションシーンで(CGIを使用して)3Dになる。この映画でパトリックはアイスクリームを操るスーパーマンに変身する。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b キャラクター”. SupoBobu. 2020年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月5日閲覧。
  2. ^ Patrick from SpongeBob SquarePants | Cartoon | Nick.com” (英語). NICK UK. 2020年5月10日閲覧。
  3. ^ Patrick from SpongeBob SquarePants | Cartoon | Nick.com” (英語). NICK UK. 2020年5月10日閲覧。
  4. ^ 日本放送協会. “アニメ スポンジ・ボブ「プランクトンを警戒せよ!」「図書室ってなあに?」” (日本語). NHK 番組表. 2020年5月10日閲覧。
  5. ^ Patrick from SpongeBob SquarePants | Cartoon | Nick.com” (英語). NICK UK. 2020年5月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集