パナシェ (Panaché) とは、ビールをベースにした冷たいロングドリンク[1]。パナシェは、フランス語で「混ぜ合わせた」を意味する言葉[1]。出来上がりが、あくまで透明でなくては正しいパナシェとは言えないとされる[2]

パナシェ
Gthumb.svg
画像募集中
基本情報
種別 ロングドリンク
ブラウン(琥珀色)
アルコール度数
レシピの一例
ベース ビール
テンプレートを表示

目次

標準的なレシピ編集

  • ビール : 透明なレモン炭酸飲料 = 1:1

作り方編集

まずビールと透明なレモン炭酸飲料をよく冷やした上で、ゴブレット(容量300ml程度)にビールを注ぎ、そこに同量の透明なレモン炭酸飲料を静かに注げば完成である。基本的にステアは行わない。

備考編集

  • グラスは、ゴブレットの他、ビア・グラス(ジョッキ)やタンブラーが使われることもある。
  • イギリスでは、パナシェのこともシャンディ・ガフ、またはシャンディと呼ぶ[3][4][5][6]
  • 使用される炭酸飲料は、レモン風味の炭酸飲料に限定されず、単に透明な炭酸飲料であれば良いとするレシピもある[7][8]
  • これはビールを使ったカクテル全般に言えることだが、味が薄くなるためグラスには入れない[9]
  • 昼食にワインを合わせるフランスのビジネスマンも、近年の風潮を踏まえて、ワインの代わりに低アルコール飲料のパナシェを選ぶことが多くなった。

フランスのレシピ編集

作り方編集

ビールをゴブレット(容量300ml程度)に注いだ後、同量のレモネードを静かに注ぐ。基本的にステアは行わない。

備考編集

なお、レモン・ジュースをそのまま入れると濁りが生じる[2]。そうなると正しいパナシェとは言えなくなるので、注意が必要。 ちなみに、たとえこのレシピで作ったとしても、イギリスではこれをシャンディー・ガフと呼ぶ[5]

フランスのレシピの参考文献編集

脚注編集

  1. ^ a b パナシェ - Liqueur&Cocktail - サントリー”. サントリー (初出年不明). 2013年6月5日閲覧。
  2. ^ a b 岡 p.194
  3. ^ 岡 p.195
  4. ^ 上田 p.78
  5. ^ a b オキ p.180
  6. ^ 若松 誠志 監修 『ベストカクテル』 大泉書店、1997年9月5日、160頁。ISBN 4-278-03727-9
  7. ^ 花崎 一夫 監修 『ザ・ベスト・カクテル』 永岡書店、1990年6月5日、165頁。ISBN 4-522-01092-3
  8. ^ 山本 祥一朗 監修 『カラー図解 カクテル』 成美堂出版、1994年12月10日ISBN 4-415-07873-7
  9. ^ 福西 p.169

参考文献編集