パピヨン (2017年の映画)

パピヨン』(Papillon)は、2017年アメリカ合衆国セルビアマルタモンテネグロ伝記映画。監督はマイケル・ノアー英語版、出演はチャーリー・ハナムラミ・マレックなど。

パピヨン
Papillon
監督 マイケル・ノアー英語版
脚本 アーロン・グジコウスキ英語版
原作 アンリ・シャリエール
パピヨン英語版
パピヨンは死なない英語版
製作 ジョーイ・マクファーランド英語版
デヴィッド・コプラン
ラム・バーグマン
ロジャー・コルビ
製作総指揮 ジョシュア・D・マウラー
ケヴァン・ヴァン・トンプソン
テレンス・チャン
サミュエル・ハディダ
ダニー・ディムボート
ヤン・フィッシャー=ロマノフスキー
マーティン・ヘルスターン
クリスチャン・マーキュリー
出演者 チャーリー・ハナム
ラミ・マレック
ローランド・ムーラー
トミー・フラナガン
音楽 デヴィッド・バックリー英語版
撮影 ハーゲン・ボグダンスキー
編集 ジョン・アクセルラッド
リー・ハウゲン
製作会社 チェコ・アングロ・プロダクションズ
ラム・バーグマン・プロダクションズ
フィッシュコーブ・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ブリーカー・ストリート
日本の旗 トランスフォーマー
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年8月24日
日本の旗 2019年6月21日[1]
上映時間 133分[2]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
セルビアの旗 セルビア
マルタの旗 マルタ
モンテネグロの旗 モンテネグロ
言語 英語
興行収入 世界の旗 $10,060,903[3]
テンプレートを表示

アンリ・シャリエール1969年に発表した自伝的小説『パピヨン英語版』とその続編『パピヨンは死なない英語版』を原作としている。

ストーリー編集

アンリ・シャリエールはパピヨンの愛称で知られる金庫破りだったが、全く無関係の殺人事件の犯人として逮捕される。パピヨンにはアリバイがあったにも拘わらず、有罪判決が下され、ギアナで強制労働に従事させられることになる。同地の労働環境は著しく劣悪なもので、脱獄者を出さないための警備も十分なものであった。

ギアナへ向かう船の中で、パピヨンは偽札職人のルイ・ドガに出会う。ルイが大金を体内に隠し持っていることを知ったパピヨンは、脱獄のための資金を得ようとルイに護衛してやると提案するが、ルイは断る。しかし、他の囚人たちがルイを殺害して金を奪い取る機会を窺っていることを知ったルイは、パピヨンに警護を頼むことにする。利害の一致で協力することになった2人だが、その関係はやがて真の友情へと変貌していく。

キャスト編集

公開・興行収入編集

2017年9月7日、本作は第42回トロント国際映画祭でプレミア上映された[4][5]。2018年5月22日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[6]。8月24日、本作は全米544館で封切られ、公開初週末に109万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場16位となった[7]

評価編集

本作に対する批評家からの評価は平凡なものに留まっている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには108件のレビューがあり、批評家支持率は52%、平均点は10点満点で5.78点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『パピヨン』は数十年前に映像化された物語に見事な捻りを加えており、俳優たちの演技も上手い。しかし、観客から1973年版の記憶を消せるだけの作品にはなっていない。」となっている[8]。また、Metacriticには31件のレビューがあり、加重平均値は51/100となっている[9]

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集