メインメニューを開く

概要編集

アメリカからイギリスに渡ったエッグズ・オーバー・イージー[1]が、パブで演奏し始めたのが、初期のパブ・ロック・バンドの例である。その後、ブリンズリー・シュウォーツ[2]ドクター・フィールグッド、キルバーン&ハイローズ[3]グレアム・パーカーニック・ロウイアン・デューリーらが続いた。ビートルズローリング・ストーンズザ・フーキンクスなど、アメリカの1950-60年代のロックンロールブルースリズム&ブルースカントリーフォーク・ミュージックに影響されたバンドが勃興したいわゆるブリティッシュ・インヴェイジョンが64年以降に起きた。そのようなヒットを出せたバンドとは異なり、演奏場所が確保できないようなバンドが、シンプルな曲構成、シンプルな演奏、労働者階級を意識した作詞を持ち味とし、パブで演奏し始めたのがルーツである。The 101'ersに所属したジョー・ストラマーザ・クラッシュのボーカル/ギター)など、パンクロックとされるバンドのうちでも、パブロックシーンにいたメンバーもいた。

これらのバンドは、ロック市場が拡大する時代とは逆に、キャパシティの小さなホール・クラブで少人数に対してライブを行うスタイルが親近感を呼んだ。パブで演奏しているバンド群を敢えて「パブ・ロック」という総称で呼んだ。 このため、「パブロック」といっても音楽性は多様で、バンドごとに基本的な音楽スタイルは異なり、ロックンロールを中心にしたバンドもいれば、ブルースを主体とするバンド、フォーク・ロックに近いスタイルを持つもの、ガレージロックにカテゴライズされるバンドなどさまざまであった。

代表的なアーティスト編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ http://www.allmusic.com/artist/eggs-over-easy-mn0000938358
  2. ^ ニック・ロウ、イアン・ゴムらが在籍した
  3. ^ イアン・デューリーが在籍した

外部リンク編集