パプ・ムッサ・ディアカテ

パプ・ムッサ・ディアカテPape Moussa Diakhatè, 1989年4月22日 - )は、セネガルピキン出身のサッカー選手エヴィアン・トノン・ガイヤールFC所属。ポジションはミッドフィールダー

パプ・ディアカテ Football pictogram.svg
名前
本名 パプ・ムッサ・ディアカテ
Pape Moussa Diakhatè
ラテン文字 Pape DIAKHATÈ
基本情報
国籍 セネガルの旗 セネガル
生年月日 (1989-04-22) 1989年4月22日(33歳)
出身地 ピキン
身長 186cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム フランスの旗 エヴィアン・トノン・ガイヤールFC
ポジション MF (DMF)
利き足 右足
ユース
セネガルの旗 カンベレーヌ
2007-2009 イタリアの旗 フィオレンティーナ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2011 イタリアの旗 フィオレンティーナ 0 (0)
2009-2011 ベルギーの旗 オイペン (loan) 6 (1)
2011-2013 ベルギーの旗 オイペン 20 (0)
2013-2014 ルーマニアの旗 ディナモ・ブカレストII
2014 ルーマニアの旗 ディナモ・ブカレスト
2016 イタリアの旗 ボルツァーノイタリア語版
2017- フランスの旗 エヴィアン 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年7月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

セネガルでプレーしていた時にACFフィオレンティーナのスカウトに見出され、17歳で同クラブの下部組織に加入する。それ以前にフランスのクラブとの練習試合の際に欧州移籍のチャンスがあったが、試合時間内でのアピールが叶わず逃している。当初身体的なポテンシャルは秘めていたが、渡伊後にゾーンマーキングやセットプレーといった戦術面を磨く。

プリマヴェーラでの試合で頭角を現し、半年後にはトップチームに登録され、2008年のプレシーズンにはトップチームの合宿に参加している。無名の若手選手を見抜く才に優れたフィオレンティーナのSDパンタレオ・コルヴィーノは「多くの才能を持った選手がフィオレンティーナの下部組織に存在するが、その中でもディアカテは飛びぬけたポテンシャルを秘めている」と評価していた。

2016年6月より、エッチェッレンツァ(イタリア5部)のACヴィルトゥス・ボルツァーノへ加入した[1]

脚注編集

  1. ^ Virtus Bolzano: è ufficiale, preso Pape Moussa Diakhaté”. Altoadigegol.it (2016年6月1日). 2018年7月11日閲覧。

外部リンク編集