メインメニューを開く

パミール・スタジアム (: Pamir Stadium) は、タジキスタンの首都ドゥシャンベにある多目的スタジアム。ドゥシャンベ・セントラル・スタジアムと呼ばれることもある。主にサッカーの試合に用いられる。

パミール・スタジアム
Fc-Istiklol..jpg
施設情報
所在地 タジキスタンの旗 ドゥシャンベ
位置 北緯38度35分9.26秒 東経68度46分10.24秒 / 北緯38.5859056度 東経68.7695111度 / 38.5859056; 68.7695111
起工 1939年
開場 1946年
拡張 1962年
使用チーム、大会
CSKAパミール・ドゥシャンベ
サッカータジキスタン代表
収容能力
24,000人

目次

概説編集

ソビエト連邦時代はミハイル・フルンゼ・レパブリカン・スタジアムと呼ばれていた。収容可能人数は24,000人。建築当初は座席は5,000しかなかったが、1962年に行われた改修工事により21,400人にまで拡張された。現在、収容人数を40,000人にするための拡張工事が計画されている。タジク・リーグに所属するCSKAパミール・ドゥシャンベがホームスタジアムとして使用するほか、サッカータジキスタン代表のホームスタジアムとしても使用される。

出来事編集

2014年サッカーW杯アジア予選3次予選グループCでは、日本代表との対戦の際に本競技場が使用されている。


脚注編集


外部リンク編集