メインメニューを開く

パメラ・ハワード・シュライバー(Pamela "Pam" Howard Shriver、1962年7月4日 - )は、アメリカメリーランド州ボルチモア出身の元女子プロテニス選手。1978年全米オープン女子シングルス準優勝者で、ダブルスの名手として一時代を築いた名選手である。WTAツアーでシングルス21勝、ダブルス111勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス3位、ダブルス1位。

パム・シュライバー
Pam Shriver
Tennis pictogram.svg
基本情報
フルネーム Pamela Howard Shriver
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・メリーランド州ボルチモア
生年月日 (1962-07-04) 1962年7月4日(56歳)
身長 183cm
体重 72kg
利き手
バックハンド 片手打ち
殿堂入り 2002年
ツアー経歴
デビュー年 1978年
引退年 1997年
ツアー通算 132勝
シングルス 21勝
ダブルス 111勝
生涯通算成績 1247勝392敗
シングルス 625勝270敗
ダブルス 622勝122敗
生涯獲得賞金 5,460,566 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(1981-83)
全仏 3回戦(1983)
全英 ベスト4(1981・87・88)
全米 準優勝(1978)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 優勝(1982-85・87-89)
全仏 優勝(1984・85・87・88)
全英 優勝(1981-84・86)
全米 優勝(1983・84・86・87・91)
優勝回数 21(豪7・仏4・英5・米5)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 3位
ダブルス 1位
獲得メダル
女子 テニス
オリンピック
1988 ソウル ダブルス
テニスのラケット。シュライバーは打球面の大きい「デカラケ」を使用した時期がある

目次

選手経歴編集

1978年全米オープンにて、16歳2ヶ月の若さでシングルス決勝進出を果たす。そこでクリス・エバートに 5-7, 4-6 で敗れて準優勝になったが、この時シュライバーは打球面の面積が広いテニスラケットを使用して大きな話題を呼んだ。この影響で「デカラケ」が一般テニス愛好家にも大流行し、国際テニス連盟(ITF)もテニスラケットのサイズに関する厳密な規定を設けた。シュライバー自身は4大大会のシングルス決勝進出はこの1度だけで終わったが、その後ダブルスで目覚ましい活躍を見せる。 プレースタイルは、長身から繰り出す威力あるサーブとネットプレーを得意とし、ストローク戦ではフォアハンドすらトップスピンの強打は皆無で隙あらばネットに詰めていく典型的なネットプレイヤー(彼女ほど極端なスタイルも珍しい)。

1981年から1992年まで、シュライバーはマルチナ・ナブラチロワとペアを組み、天下無敵のダブルスとして女子テニス界に君臨した。2人のペアは4大大会ダブルスで「20勝」を挙げ、1983年ウィンブルドンから1985年全仏オープンまで8大会連続優勝を飾り、1983年 - 1985年にかけて「109連勝」の記録を樹立する。前人未到の大記録は、1985年ウィンブルドン女子ダブルス決勝で止まった。シュライバー自身は1991年全米オープンで4大大会ダブルス「21勝」を挙げたが、この時のパートナーはナターシャ・ズベレワベラルーシ)であった。

1988年ソウル五輪で、シュライバーはジーナ・ガリソンとペアを組み、アメリカ代表として女子ダブルスの金メダルを獲得した。オリンピックにおけるテニス競技は、1926年に世界初のプロテニス選手が登場したことから、1928年アムステルダム五輪以後は公式種目から除外された。このソウル五輪でプロテニス選手の出場が認められ、1924年パリ五輪以来64年ぶりにオリンピック競技としてのテニスが復活する。オリンピックはアマチュアの祭典である、という基本理念を覆す決定がなされたため、当時は大きな波紋を呼んだ出来事だった。その記念すべき大会で、シュライバーとガリソンは決勝でチェコスロバキア代表のヘレナ・スコバヤナ・ノボトナ組を 4-6, 6-2, 10-8 の激戦の末に破り、テニス女子ダブルス「復活金メダル」の第1号ペアとなった。シングルスでは、シュライバーは準々決勝でガリソンに 2-6, 3-6 で敗れた。

シュライバーは混合ダブルスでも、1987年全仏オープンエミリオ・サンチェススペイン)と組んだ優勝がある。

シングルスでは1988年に日本の「東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント」を含む4勝を挙げたが、同年10月にスイスで行われた「ヨーロッパ室内選手権」がシュライバーの最後のシングルス優勝になった。ダブルスでは1994年東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントと「全米ハードコート選手権」まで優勝記録がある。1997年2月に34歳で現役を引退し、現在はテレビ解説者として活躍している。2002年国際テニス殿堂入りを果たした。

テニス仲間たちに対する気配りの良さでも知られ、1996年11月に行われた女子ツアー年間最終戦チェイス選手権の会場で開かれた伊達公子のための「引退式典」はシュライバーが司会を務めた。

主なダブルス優勝編集

  • 全豪オープン 女子ダブルス:7勝(1982年-1985年・1987年-1989年) [1986年の全豪オープンは開催せず。したがって大会7連覇]
  • 全仏オープン 女子ダブルス:4勝(1984年・1985年・1987年・1988年)/混合ダブルス:1勝(1987年)
  • ウィンブルドン 女子ダブルス:5勝(1981年-1984年・1986年)
  • 全米オープン 女子ダブルス:5勝(1983年・1984年・1986年・1987年・1991年)
  • オリンピック 1988年ソウル五輪・女子ダブルス金メダル [パートナー:ジーナ・ガリソン]


4大大会成績編集

シングルス編集

大会 1978 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 SR
全豪オープン QF SF SF SF QF 3R NH QF 4R 3R 3R 3R 3R 1R 2R 1R 1R 0 / 16
全仏オープン 3R 1R 0 / 2
ウィンブルドン 3R 2R 4R SF 4R 2R QF QF 1R SF SF 3R 3R 2R 3R 1R 2R 0 / 17
全米オープン F 1R QF 4R SF SF QF QF QF QF 2R 1R 3R 2R 1R 2R 2R 1R 0 / 18
SR 0 / 2 0 / 2 0 / 3 0 / 3 0 / 3 0 / 4 0 / 3 0 / 3 0 / 2 0 / 3 0 / 3 0 / 3 0 / 1 0 / 3 0 / 3 0 / 2 0 / 4 0 / 3 0 / 3 0 / 0 0 / 53
順位 13 33 9 7 6 4 4 4 6 4 5 17 66 37 31 38 63 110 189

ダブルス編集

大会 1978 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 DR
全豪オープン A A QF F W W W W NH W W W 1R 2R SF F SF 2R 1R 1R 7 / 16
全仏オープン A A A A A A W W A W W A A A A 2R 2R A A A 4 / 6
ウィンブルドン 1R A QF W W W W F W QF 3R SF A SF SF SF QF QF 3R 1R 5 / 16
全米オープン SF 3R F SF SF W W F W W SF F A W SF 3R 3R QF 1R A 5 / 15
DR 0 / 0 0 / 0 0 / 1 1 / 2 2 / 3 3 / 3 4 / 4 2 / 4 2 / 2 3 / 4 2 / 4 1 / 3 0 / 1 1 / 3 0 / 3 0 / 4 0 / 4 0 / 3 0 / 3 0 / 2 21 / 53
ランク 2 1 2 2 2 4 92 9 7 7 12 18 91 249

私生活編集

私生活では、1999年ウォルト・ディズニー社の弁護士だった最初の夫と死別した後、2002年に2代目ジェームズ・ボンドだった俳優のジョージ・レーゼンビーと再婚し、双子を含む3人の子供をもうけたが、結婚から6年後の2008年に離婚。[1]。企業家としても知られ、故郷にあるボルチモア・オリオールズの株主兼共同オーナーの1人も務めている。また共和党支持者としても有名である。彼女の生まれたシュライバー家は合衆国建国以前からの政治的名家として有名で、祖先の一人デビッド・シュライバー1776年メリーランド州憲法制定会議にフレデリック郡代表議員として参加した人物の一人である。またシュライバー家のサージェント・シュライバーとケネディ家のユーニス・ケネディが結婚していることから、ケネディ家との縁戚関係も持っている[2]

脚注編集

  1. ^ The Australian (2008年8月8日). “Pam Shriver files for divorce from former Bond George Lazenby”. 2009年6月4日閲覧。
  2. ^ IMDB. “Maria Shriver - Biography”. 2009年6月4日閲覧。

外部リンク編集