パラメスヴァラヴァルマン

パラメーシュヴァラヴァルマン2世サンスクリット語: परमेश्वरवर्मन् २, ラテン文字転写: Parameśvaravarman II, 生年不詳 - 1030年?)は、チャンパ王国占城国)第8王朝の第4代国王(在位:1018年? - 1030年?)。漢文史料では排摩ベトナム語: Thi Nặc Bài Ma Diệp)と記される。

 パラメーシュヴァラヴァルマン2世
परमेश्वरवर्मन् २
チャンパ王
在位 1018年? - 1030年?

死去 1030年?
王朝 第8王朝
テンプレートを表示

生涯

編集

1018年[1]9月に羅皮帝加を遣使して象牙犀角玳瑁乳香丁香花・沈香・箋香・別箋一剤・茴香檳榔を献じ、真宗より銀・器仗・鞍馬を賜った。1020年12月、北部のポー・トリンベトナム語版が開天王李仏瑪中国語版と陶碩輔率いる李朝大瞿越中国語版軍の侵攻を受け[1]、部将の布令をはじめとした多くの死者を出すなど大きな被害を蒙った。1026年にも侵略を受けた[1]

出典

編集
  1. ^ a b c Cœdès, p. 139

参考資料

編集
  • George Cœdès (May 1, 1968). The Indianized States of South-East Asia. University of Hawaii Press. ISBN 978-0824803681 
  • 宋史』巻四百八十九 列伝第二百四十八 外国五 占城
  • 越史略中国語版』巻中 阮紀
  • 大越史記全書』本紀巻之二 李紀 太祖皇帝
  • 宋会要輯稿』巻百十九 蕃夷四 占城
先代
ハリヴァルマン3世
チャンパ王
第8王朝第4代:
1018年? - 1030年?
次代
ヴィクランタヴァルマン4世中国語版