パラーター(पराठा)は、チャパティの生地をのばし、ギーを塗り、折り畳むことを繰り返してギーを層状に練り込み、薄くのばして焼いたもの。パラタパロータともいう。 東アフリカでは、パラーター同様のパンを「チャパティ」の名で売っている。[要出典]

パラーター
パラーター

2枚の生地の間にトウモロコシ香辛料、柔らかく煮て味をつけたジャガイモカリフラワーなどを薄くのばしてはさむこともあり、弁当としても食べられている[1]

参考文献編集

ウィリアム・ルーベル、堤梨華訳 『パンの歴史』 原書房、2013年。ISBN 4562049375 

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]