パリで一緒に』(パリでいっしょに、原題: Paris When It Sizzles)は、1964年アメリカ合衆国の映画で、ロマンティック・コメディ。『麗しのサブリナ』で共演したオードリー・ヘプバーンとウィリアム・ホールデンが再び共演した作品。

パリで一緒に
Paris When It Sizzles
監督 リチャード・クワイン
脚本 ジョージ・アクセルロッド
原作 ジュリアン・デュヴィヴィエ
アンリ・ジャンソン
製作 リチャード・クワイン
ジョージ・アクセルロッド
出演者 オードリー・ヘプバーン
ウィリアム・ホールデン
音楽 ネルソン・リドル
撮影 チャールズ・ラング・Jr
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1964年4月8日
日本の旗 1964年5月30日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $4,000,000(見積値)[1]
配給収入 1億214万円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

ジュリアン・デュヴィヴィエ監督の1952年フランスの映画アンリエットの巴里祭』(原題: La Fête à Henriette)のリメイクである。

あらすじ編集

著名な脚本家であるリチャード・ベンソンは、プロデューサーのアレギザンダー・マイヤハイムからの依頼を受け、映画『エッフェル塔を盗んだ娘』の脚本に取り組んでいる。とはいえ、決まっているのはタイトルだけで、パリのホテルに滞在しながら遊び呆ける毎日。

締切まであと2日となったある日、若き美人タイピストのガブリエル・シンプソンがホテルの部屋にやってくる。ガブリエルは脚本が1ページもできていないことに驚きあきれるが、彼女の刺激を得ながら、リチャードはようやく脚本の執筆にとりかかる。彼はガブリエルをモデルにして“ギャビー”(ガブリエルの親称)というキャラクターを立ち上げ、自分をモデルにした嘘つきで泥棒の“リック”(リチャードの親称)との、巴里祭を舞台にしたラブ・ストーリーを描き始めるが……。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹き替え
東京12ch フジテレビ
ガブリエル・シンプソン/ギャビー オードリー・ヘプバーン 池田昌子
リチャード・ベンソン/リック ウィリアム・ホールデン 家弓家正 羽佐間道夫
アレックス・マイヤハイム ノエル・カワード 早野寿郎 兼本新吾
ジレー警視 グレゴワール・アスラン 吉沢久嘉 大宮悌二
フィリップ トニー・カーティス[3] 広川太一郎 安原義人

スタッフ編集

  • オードリー・ヘプバーンの香水:ユベール・ド・ジバンシィ

エピソード編集

  • 作品中、マレーネ・ディートリヒトニー・カーティスメル・ファーラー(ヘプバーンの当時の夫)、ピーター・セラーズがゲスト出演し、フランク・シナトラ[6]フレッド・アステアの歌が使われている[7][8]フレッド・アステアの「That Face」を除いてクレジットはない。
  • ただし、トニー・カーティスのみ、日本での1972年リバイバル時にはポスターで3番目にクレジットされていた[9][10][11]
  • オードリー・ヘプバーンの衣装デザインはユベール・ド・ジバンシィ[9][8]。また、この映画ではオードリー・ヘプバーンの香水の製作者としてもクレジットされている[12][13]。『パリで一緒に』は出演者のつけた香水をクレジットに載せた史上初の作品となった[14]
  • 撮影は1962年の7月〜11月に行われており、撮影時のヘプバーンは33才。公開は1964年と、後で撮った「シャレード」より後になった。
  • 後年のヘプバーンの伝記ではホールデンがアルコール使用障害になっていたことなどが、撮影現場の雰囲気や状況を悪化させ、撮影日数が遅れたと書かれている[13][15][16][17]。しかし、撮影中に実際に現場にいて宣伝写真を撮っていたボブ・ウィロビーによると、監督、ホールデン、ヘプバーンが「この撮影を通して人生をエンジョイしていた」「このときのオードリーは最高の輝きを見せていた」と逆のことを述べている[18]。ヘプバーン自身も息子ショーンに『パリで一緒に』の撮影はとても楽しかったと語っており、「映画を製作するときの体験とその出来栄えは関係ない」と述べている[19]

脚注編集

  1. ^ Paris - When It Sizzles (1964) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年5月18日閲覧。
  2. ^ 1967年『キネマ旬報』5月下旬号(キネマ旬報社)49頁
  3. ^ クレジットなしだが出演場面は多く、劇中劇で「おまえなんか警官Cで小さくクレジットされるだけだ」などと頻繁に揶揄されている。
  4. ^ 再放送1976年5月14日『ゴールデン洋画劇場
  5. ^ オードリー・ヘプバーン追悼企画として放送。
  6. ^ この作品でのフランク・シナトラの「エッフェル塔を盗んだ娘」の歌唱が2002年06月08日にCDで発売された。『Sinatra In Hollywood 1940-1964)』(ASIN : B000066BN9)のDISC6に収録。ただし、音源は映画そのもので、歌唱前のウイリアム・ホールデンのセリフもそのまま入っている。
  7. ^ 「パリで一緒に」映画パンフレット: 解説ページ. (1964年初公開時および1972年リバイバル時). 
  8. ^ a b シネアルバム5『オードリー・ヘプバーン きらめく真珠のように 夢みる白鳥のように』p111. 芳賀書店. (1971年12月20日初版発行) 
  9. ^ a b 『カタログ オードリー・ヘプバーン』. 雄鶏社. (1977年1月25日) 
  10. ^ 井上由一 (2019年12月25日). 『オードリー・ヘプバーン 映画ポスター・コレクション』. DU BOOKS 
  11. ^ 『オードリー玉手箱』. チネアルテ/映画堂出版. (2009年11月30日) 
  12. ^ ジェリー・バーミリー (1997年6月13日初版発行). 『スクリーンの妖精 オードリー・ヘップバーン』. シンコー・ミュージック 
  13. ^ a b バリー・パリス著 『オードリー・ヘプバーン』上巻 1998年5月4日初版発行
  14. ^ エレン・アーウィン&ジェシカ・Z・ダイヤモンド (2006年9月25日). 『the audrey hepburn treasures』. 講談社 
  15. ^ チャールズ・ハイアム (1986年3月15日). オードリー・ヘプバーン 映画に燃えた華麗な人生. 近代映画社 
  16. ^ アレグザンダー・ウォーカー (2003年1月20日). 『オードリー リアル・ストーリー』. 株式会社アルファベータ 
  17. ^ ロビン・カーニー (1994年1月20日). 『ライフ・オブ・オードリー・ヘップバーン』. キネマ旬報社 
  18. ^ ボブ・ウィロビー (1993年12月30日初版発行). 『オードリー・ヘプバーン』. 朝日新聞社 
  19. ^ (ヘプバーンの長男)ショーン・ヘプバーン・フェラー(2004年5月18日初版発行)『AUDREY HEPBURN―母、オードリーのこと』.竹書房.(ISBN 4-8124-1668-X).

外部リンク編集