パリス (ケンタッキー州)

アメリカ合衆国のケンタッキー州バーボン郡の郡庁所在地

パリスParis)は、アメリカ合衆国ケンタッキー州バーボン郡にある内政自治都市で、バーボン郡の郡庁所在地[7]。市内をリッキング川の支流ストーナーフォークが流れている。レキシントンの北東18マイルに位置しており、レキシントン-イエット都市圏を形成している。 2020年現在の人口は9,846人[8]

パリス
City
Paris, Kentucky
パリスのダウンタウン
パリスのダウンタウン
標語: 
"Thoroughbred Capital of the World"[1]
ケンタッキー州におけるバーボン郡とパリスの位置
ケンタッキー州におけるバーボン郡とパリスの位置
座標:北緯38度12分23秒 西経84度15分28秒 / 北緯38.20639度 西経84.25778度 / 38.20639; -84.25778座標: 北緯38度12分23秒 西経84度15分28秒 / 北緯38.20639度 西経84.25778度 / 38.20639; -84.25778
アメリカ合衆国
ケンタッキー州
バーボン郡
創設 1789[2]
法人化 1839[2]
再法人化 1890[2]
政府
 • 市長 Johnny Plummer[3][4]
面積
 • 合計 7.96 mi2 (20.62 km2)
 • 陸地 7.91 mi2 (20.49 km2)
 • 水面 0.05 mi2 (0.13 km2)
標高
843 ft (257 m)
人口
(2010)
 • 合計 8,553人
 • 推計
(2019)[6]
9,671人
 • 密度 1,222.48人/mi2 (471.99人/km2)
等時帯 UTC-5 (東部標準時)
 • 夏時間 UTC-4 (EDT)
ZIP codes
40361-40362
市外局番 859
FIPS code 21-59196
ウェブサイト paris.ky.gov

歴史編集

 
ダンカン・タヴァーン

この地の歴史はジョセフ・ヒューストンが1776年にこの地域に駅を設置したのが始まりであったが、土地供与のために移転を余儀なくされた。1786年、ローレンス・プロッツマンは、現在のパリスの地域を所有者から購入し、 250エーカー (100 ha)の土地を区画整理、そしてバージニア州議会に公共の建物と土地を提供し、バーボン郡の新設とともにその郡庁を置かせた。この町は1789年にブロッツマンの故郷であったニュージャージー州の地名にちなんでホープウェルという名前で発足したが、その翌年にアメリカ独立戦争中にフランスに支援されたことを称え、同国の首都と同じパリス(パリ)に改名した。

郵便局の記録においては、19世紀初頭に一時的にバーボンタウンまたはバーボントンと呼ばれていたが、この名前が町自体に正式に適用されたという証拠はない[9]

パリスは、フランスのラモット=ブーヴロンと姉妹都市提携を結んでいる[10]

地理編集

アメリカ合衆国国勢調査局によると、この都市の総面積は15.5平方キロメートル (6.0 sq mi)、そのうち15.4平方キロメートル (5.9 sq mi)は土地であり、残りの0.52%(0.1平方キロメートル (0.04 sq mi))が水面積にあたる[8]

人口統計編集

人口推移
人口
1800377
1810838122.3%
18301,219
18401,197−1.8%
18501,38415.6%
18601,4404.0%
18702,65584.4%
18803,20420.7%
18904,21831.6%
19004,6039.1%
19105,85927.3%
19206,3107.7%
19306,204−1.7%
19406,6977.9%
19506,9123.2%
19607,79112.7%
19707,8230.4%
19807,9351.4%
19908,73010.0%
20009,1835.2%
20108,553−6.9%
2019(推計)9,671[6]13.1%
U.S. Decennial Census[11]

2000年の国勢調査[12]の時点で、市内には9,183人、3,857世帯、2,487家族が居住している。人口密度は1,351.2毎平方マイル (521.7/km2)。都市の人種構成は、84.23%が白人、12.71%がアフリカ系アメリカ人、0.16%がネイティブアメリカン、0.16%がアジア人、1.35%が他の人種、1.38%が混血であった。あらゆる人種のヒスパニックまたはラティーノは人口の2.62%であった。

世帯数は3,857世帯で、そのうち31.9%が18歳未満の子供を同居させ、43.8%が夫婦同居、16.5%が夫のいない女性世帯主、35.5%が非家族であった。全世帯の31.2%は個人で構成されており、14.2%は65歳以上の一人暮らしの人がいる。1世帯あたりの平均人数は2.33人であり、家庭の場合は、2.90人である。

市内の人口は18歳未満が25.3%、18歳から24歳が9.0%、25歳から44歳が28.5%、45歳から64歳が21.6%、65歳以上が15.7%と分散している。年齢の中央値は36歳。男女比は女性100人に対して男性は88.9人、18歳以上の女性100人に対して男性は82.7人であった。

市内の世帯の収入の中央値は30,872ドルで、家族の収入の中央値は37,358ドル。男性の収入の中央値は29,275ドルであったが、女性の収入は21,285ドルであった。市の一人当たりの収入は16,645ドル。 18歳未満の24.2%と65歳以上の15.9%を含め、家族の約17.5%と人口の17.8%が貧困線以下である。

教育編集

パリスには公立図書館、パリスバーボンカウンティ図書館が存在する[13]

芸術と文化編集

パリスのメインストリートは、ダウンタウンの歴史的建造物の保存と活性化に多くの時間、労力、金銭が費やされてきた。ルネッサンス・オン・メインと国との協力による、パリスのメインストリートプログラムは1992年から始まった。このプログラムはケンタッキーの繁華街で活気に満ちた経済的に健全な開発を活性化および維持するための措置を講じるためのもので、2006年から2008年にかけて、15棟の建物がこのプロジェクトの助成金によって改装が施された[14]

また、ダウンタウンの「Paris ARTWALK」はメインストリートプログラムが後援し、ミランダ・レイノルズとスティーブ・ウォルトンが設立した社会的・芸術的イベントで、同地区を代表するイベントとなった[15][16][17][18]

著名人編集

脚注編集

  1. ^ The City of Paris”. City of Paris. 2013年11月21日閲覧。
  2. ^ a b c Commonwealth of Kentucky. Office of the Secretary of State. Land Office. "Paris, Kentucky". Accessed 24 September 2013.
  3. ^ County by County Results”. wkyt.com. WKYT (2018年11月6日). 2018年11月6日閲覧。
  4. ^ City of Paris - Mayor”. www.paris.ky.gov. 2015年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月27日閲覧。
  5. ^ 2019 U.S. Gazetteer Files”. United States Census Bureau. 2020年7月24日閲覧。
  6. ^ a b Population and Housing Unit Estimates”. United States Census Bureau (2020年5月24日). 2020年5月27日閲覧。
  7. ^ Find a County”. National Association of Counties. 2011年6月7日閲覧。
  8. ^ a b Geographic Identifiers: 2010 Demographic Profile Data (G001): Paris city, Kentucky”. U.S. Census Bureau, American Factfinder. 2020年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月21日閲覧。
  9. ^ Rennick, Robert. Kentucky Place Names, p. 226. University Press of Kentucky (Lexington), 1987. Accessed 1 August 2013.
  10. ^ Paris, KY - Sister City”. paris.ky.gov. 2018年4月2日閲覧。
  11. ^ Census of Population and Housing”. Census.gov. 2015年6月4日閲覧。
  12. ^ U.S. Census website”. United States Census Bureau. 2008年1月31日閲覧。
  13. ^ Kentucky Public Library Directory”. Kentucky Department for Libraries and Archives. 2019年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月5日閲覧。
  14. ^ Note: Paris Main Street manager and tourism director Linda Stubblefield quoted in a Chevy Chaser Magazine article (October 2008).
  15. ^ Paris, Kentucky's tourism site Archived 2009-06-15 at the Wayback Machine.
  16. ^ Photos of Paris, Kentucky Archived 2011-07-22 at the Wayback Machine.
  17. ^ parisartwalk - Profile”. parisartwalk.livejournal.com. 2018年4月2日閲覧。
  18. ^ Custom 404 Page”. www.kentuckytourism.com. 2018年4月2日閲覧。
  19. ^ “Cheryl Truman, "David Dick, former CBS newsman from Ky., dies at age 80: CBS veteran embraced rural life", July 17, 2010”. Lexington Herald-Leader. オリジナルの2014年7月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140715134936/http://www.kentucky.com/2010/07/17/1351911/david-dick-former-cbs-newsman.html#storylink=cpy 2014年6月3日閲覧。 
  20. ^ Illinois Governor Joseph Duncan”. National Governors Association. 2017年2月11日閲覧。
  21. ^ Illinois Governor William Lee Davidson Ewing”. National Governors Association. 2017年2月11日閲覧。
  22. ^ An American Inventor”. Garrett A. Morgan Technology and Transportation Futures Program. Federal Highway Administration. 2012年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月6日閲覧。
  23. ^ “Overly sworn in as representative”. The Bath County News-Outlook: p. 3. (2008年1月16日). https://news.google.com/newspapers?id=8LYkAAAAIBAJ&pg=938,4899817&dq=sannie+overly&hl=en 2013年10月17日閲覧。 

外部リンク編集