メインメニューを開く

パリマラソン(Marathon de Paris)はフランスパリで毎年4月に開催されるIAAFゴールドラベルのフルマラソンレース。世界のトップ選手が競う国際公認大会であるとともに、140近い国籍から50,000人がエントリーし25万人が応援するという一大祭典でもある(数字は2014年)。主催はアモリ・スポル・オルガニザシオン (ASO, Amaury Sport Organisation)。

パリマラソン
2014 Paris Marathon t084600.jpg
2014パリマラソンのスタート(シャンゼリゼ大通り)
開催地 フランスの旗 フランスパリ
開催時期 4月
種類 ロードコース
距離 マラソン
最高記録 男子:  ケネニサ・ベケレ (ETH) 2:05:04
女子:  ボル・タデセ (ETH) 2:21:06
創立 1976年
スポンサー シュナイダーエレクトリック
公式サイト サイト

概要編集

 
2013年パリマラソン

1976年に創設[1]。1991年大会が湾岸戦争のため中止されたのを除き、毎年4月に開催されてきたフランス最大のマラソン大会であり、ゴール人数において世界でニューヨークシティーマラソンに次ぐ2番目の規模を持つ大会でもある(2013年)[2]。2014年は、50,000人(男子79%、女子21%)のエントリーがあり、43,124人がスタートし、39,115人がゴールした。国際色が強く、2014年は138か国からエントリーがあり、その三分の一はフランス国外からのものであった。

大会記録は、男子が2時間05分04秒(ケネニサ・ベケレ、2014年)、[3]女子が2時間21分06秒(ボル・タデセ、2013年)である。[4]

コース編集

2005年以降のコースは、凱旋門を背にしてシャンゼリゼ通りをスタートし、コンコルド広場リヴォリ通りテュイルリー庭園ルーブルバスチーユ広場、ヴァンセンヌの森ノートルダム寺院ポン・ヌフエッフェル塔を望むセーヌ河畔、ブーローニュの森などを通り、凱旋門を正面に見ながらフォッシュ通りにてフィニッシュする42.195kmである。世界遺産パリの文化的名所・街並みと自然を満喫できるコースのため、主催者は「42.195km dans la plus belle ville du monde (世界一美しい街をゆく42.195km)」と謳っている。[5]また、2014年で102か所と、非常に多くの応援演奏・ダンスが沿道にあり、祭典としても盛り上がる。[6]セーヌ川沿いのトンネル通過時に若干の起伏があるが、おおむね起伏は多くないコースである。シャンゼリゼ通り、トロカデロ付近、ブーローニュの森の一部などに石畳の部分がある。

タイム編集

ゴールタイム(ネットタイム)は、2014年大会では、31人が2時間半未満でのゴール、842人(2.15%)が3時間未満でのゴール(サブスリー)、5,253人(13.43%)が3時間半未満でのゴール、15,376人(39.31%)が4時間未満でのゴール(サブフォー)、33,584人(85.86%)が5時間未満でのゴールであった。(%は対ゴール人数比率)[7]

歴代優勝者編集

凡例:       大会記録       French championship race

開催年 男子優勝者 国籍 タイム (時間::) 女子優勝者 国籍 タイム (時間::) 実スタート人数 ゴール人数
2018 ポール・ロンヤンガタ   ケニア 2:06:25 ベッツィ・サイナ英語版   ケニア 2:22:56
2017 ポール・ロンヤンガタ   ケニア 2:06:10 プリティ・リオノリポ   ケニア 2:20:55 43 754 42 483
2016 Cyprian Kotut   ケニア 2:07:11 ビシリン・ジェプケショ   ケニア 2:25:53 43 317 41 708
2015 Mark Korir   ケニア 2:05:48 Meseret Mengistu   エチオピア 2:23:26 43 317 41 708
2014 ケネニサ・ベケレ   エチオピア 2:05:04 フロメナ・チェイエチ   ケニア 2:22:42 43,124 39,115
2013 ピーター・ソメ   ケニア 2:05:38 ボル・タデセ   エチオピア 2:21:06 40,108 38,690
2012 Stanley Biwott   ケニア 2:05:11 Tirfi Beyene   エチオピア 2:21:39 34,297 32,980
2011 Benjamin Kiptoo   ケニア 2:06:29 Priscah Jeptoo   ケニア 2:22:51 32,092 31,169
2010 Tadesse Tola   エチオピア 2:06:41 Atsede Baysa   エチオピア 2:22:04 31,566 30,976
2009 Vincent Kipruto   ケニア 2:05:47 Atsede Baysa   エチオピア 2:24:42 31,373 30,334
2008 Tsegay Kebede   エチオピア 2:06:40 Martha Komu   ケニア 2:25:33 29,706 28,883
2007 Shami Mubarak   カタール 2:07:17 Askale Tafa   エチオピア 2:25:08 28,261 26,879
2006 Gashaw Asfaw   エチオピア 2:08:03 Irina Timofeyeva   ロシア 2:27:19 31,616 30,772
2005 Salim Kipsang   ケニア 2:08:02 Lidiya Grigoryeva   ロシア 2:27:00 28,857
2004 Ambesse Tolosa   エチオピア 2:08:56 Salina Kosgei   ケニア 2:24:32 29,700
2003 Michael Kosgei Rotich   ケニア 2:06:33 Beatrice Omwanza   ケニア 2:27:41 29,036
2002 Benoît Zwierzchiewski   フランス 2:08:18 Marleen Renders   ベルギー 2:23:05 24,025
2001 Simon Biwott   ケニア 2:09:40 Florence Barsosio   ケニア 2:27:53 22,343
2000 Mohamed Ouaadi   フランス 2:08:49 Marleen Renders   ベルギー 2:23:43 27,596
1999 Julius Rutto   ケニア 2:08:10 Cristina Costea   ルーマニア 2:26:11 17,544
1998 ジャクソン・カビガ   ケニア 2:09:37 Nicole Caroll   オーストラリア 2:27:06
1997 John Kemboi   ケニア 2:10:14 Yelena Razdrogina   ロシア 2:29:10
1996 Henrique Crisostomo   ポルトガル 2:12:18 Alina Tecuta   ルーマニア 2:29:32
1995 Domingos Castro   ポルトガル 2:10:06 Judit Nagy   ハンガリー 2:31:43
1994 Saïd Ermili   モロッコ 2:10:56 谷川真理   日本 2:27:55
1993 Leszek Beblo   ポーランド 2:10:46 吉田光代   日本 2:29:16
1992 Luis Soares   フランス 2:10:03 Tatyana Titova   ロシア 2:31:12
1991 湾岸戦争のため中止
1990 Steve Brace   イギリス 2:13:10 山本佳子   日本 2:35:11
1989 Steve Brace   イギリス 2:13:03 小島和恵   日本 2:29:23
1988 マヌエル・マティアス   ポルトガル 2:13:53 Aurora Cunha   ポルトガル 2:34:56
1987 Abebe Mekonnen   エチオピア 2:11:09 Elena Cobos   スペイン 2:34:47
1986 Ahmed Salah   ジブチ 2:12:44 Maria Rebelo   フランス 2:32:16
1985 Jacky Boxberger   フランス 2:10:49 Maureen Hurst   イギリス 2:43:31
1984 Ahmed Salah   ジブチ 2:11:58 Sylviane Levesque   フランス 2:38:20
1984 Additional women's race Lorraine Moller   ニュージーランド 2:32:44
1983 Jacky Boxberger   フランス 2:12:38 Jacqueline Courtade   フランス 2:58:14
1982 Ian Thompson   イギリス 2:14:07 Anne Marie Cienka   フランス 2:56:14
1981 Dave Cannon
Ron Tabb (ex-æquo)
  イギリス
  アメリカ
2:11:44 Chantal Langlacé   フランス 2:48:24
1980 Sylvain Cacciatore   フランス 2:25:50 Gillian Adams   イギリス 2:49:42
1979 Fernand Kolbeck   フランス 2:18:53 Vreni Forster   スイス 2:51:14
1978 Gilbert Coutant   フランス 2:34:55 "Lawrence"   アメリカ 3:26:15
1977 Gérard Métayer   フランス 2:30:41 Not Held
1976 Jean-Pierre Eudier   フランス 2:20:57 Not Held

日本人優勝者編集

女子の部では過去に4人の日本人選手が優勝している。男子の優勝者はまだない。

車いすの部編集

2003年には日本の廣道純が2位入賞している。(廣道は2011年にも6位入賞している)

一般ランナーの参加編集

2015年参加者募集から、申し込みに抽選が導入されるようになった。申し込みはインターネット上でプレ申請し、抽選に当たったら払い込みとともに本申請を行う。この後も申し込みの機会があるが、後の申し込みになるほど参加費が高くなる方式を採っている。本申請後、ゼッケン受け取り(大会3日ほど前からランニングエキスポ会場において)には、規定された文言を含む医師による健康診断書と身分証明書が必要であるほか、一定SAS以上では、最高記録の証明書も要求される。

運営編集

スタートは、申告自己最高記録(ネットタイム、正味のタイムで)ごとのSASに分かれたウェーブスタート形式で行われ、この数年、エリートランナーがスタートしてから、最後のウェーブがスタートするまでに1時間以上かかっている。ゼッケンと一体化したタイムチップにより、5キロごととハーフ地点、ゴール地点に設置されたゲートでネットタイム(正味のタイム)が計測され、大会ホームページおよび公式アプリにおいて速報される。[8]

2014年大会では、32人のペースメーカー、7つの救護ステーション、45個の体外除細動器、3,000人のボランティア、300人の整体マッサージ師、43万6,500本のペットボトル水、約23トンのバナナ、約16トンのオレンジ、41万2,500個の角砂糖、などが用意された。[9]ゼッケンとともに渡される景品の中には、例年、スタート前にかぶれる薄手のビニールポンチョが含まれ、ゴール後には、フィニッシャーズTシャツ・メダルと、厚手のビニールポンチョが支給されるのが通例である。荷物預かりはゴール地点付近に設置されている。

その他編集

大田原マラソンの成績上位者が近年パリマラソンに派遣されている。

脚注編集

外部リンク編集