パリ・カトリック大学

パリ・カトリック大学 (L'Institut catholique de Paris) は、フランス共和国パリ6区にある私立大学1875年に設立された。多数の学部から構成されており、この大学で修士号博士号を取得できる。

パリ・カトリック大学
Institut Catholique de Paris.jpg
ラテン語: Universitas Catholica Parisiensis
種別 私立
設立年 1875年ごろ
宗教的提携関係 ローマ・カトリック
学術的提携関係 ローマ教皇庁
総長 André Vingt-Trois
教員数
750 (university only)[1]
学生総数 10,000
所在地 フランスの旗 フランス
パリ
北緯48度50分53秒 東経2度19分47秒 / 北緯48.84806度 東経2.32972度 / 48.84806; 2.32972座標: 北緯48度50分53秒 東経2度19分47秒 / 北緯48.84806度 東経2.32972度 / 48.84806; 2.32972
公式サイト en.icp.fr/english-version
テンプレートを表示

歴史編集

パリ・カトリック大学は1875年にパリ・カトリック大学としてMaurice Le Sage d'Hauteroche d'Hulstによって創立された。

学部編集

  • 宗教科学学部
  • 教会法学部
  • 哲学部
  • 文学部
    • 近代文学学科
    • 歴史学科  
    • 英文学科  
    • スペイン文学科  
    • ドイツ文学科   
    • 美術史学科    
  • フランス文化語学院(ILCF)
  • 社会経済学部(FASSE)
  • 教育学部
  • 上級教育学校
  • 図書文書学校(EBD)
  • 臨床心理学校(EFPP)
  • 上級スポーツ専門学校(ILEPS)
  • パリ電子上級学院(ISEP)

出身者編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Catholic University of Paris at a Glance”. Catholic University of Paris. 2011年5月30日閲覧。

外部リンク編集