パリ条約(パリじょうやく、英語: Treaty of Paris)は1355年に締結された、サヴォイア伯アメデーオ6世フランス王国ジュネーヴ伯英語版アメデーオ3世英語版の間の条約。条約により、サヴォイア伯のジェクス男爵領の併合が認められた。ヴァルテッリーナの境界はブルゴーニュ伯領までとすることが定められた。条約は全体的にはサヴォイア伯によるシャブレー西部の支配を確認した[1]

条約はまた、アメデーオ6世とブルゴーニュ伯の娘の間の婚約を解消し、代わりにアメデーオ6世とボンヌ・ド・ブルボンとの婚約を成立させた。

脚注編集

参考文献編集

  • Cox, Eugene L. (1967). The Green Count of Savoy. Princeton, New Jersey: Princeton University Press. pp. 104–106. LCCN 67--11030 

外部リンク編集