パリ条約(パリじょうやく、フランス語: Traité de Paris)は1515年に締結された、スペインの推定相続人であるフランドル伯シャルル3世(後の神聖ローマ皇帝カール5世)とフランス王フランソワ1世の間の同盟条約。条約により、シャルル3世とルネ・ド・フランス(フランス王ルイ12世アンヌ・ド・ブルターニュの娘、当時4歳)が婚約した。ルネが12歳になるとき、20万エキュベリー公領フランス語版(40万エキュ相当)を持参金として支払うとした[1]

条約はまた、フランスとフランドルの攻守同盟を結んだ。シャルル3世は当時、祖父のアラゴン王フェルナンド2世に味方していたが、6か月前にはじめたフェルナンド2世とフランスのナバラ王国に関する紛争においてフェルナンド2世に加担しないことを誓約した。しかし、条約が効力を持つことはなかった[1]

脚注編集

  1. ^ a b Philippe Le Bas, France : Dictionnaire Encyclopédique, vol. 11, Paris, Firmin Didot Frères,‎ (lire en ligne)