パリ条約(パリじょうやく、フランス語: Traité de Paris)は1900年6月27日に締結された、スペインフランスの間の条約。条約によりリオ・ムニでの両国の植民地の境界が定められた[1]。スペインはウバンギ川から東の30万平方キロメートルの領土を主張したが、条約では2万6千平方キロメートルしか認められなかった[2]。また、スペインがリオ・ムニでの植民地を放棄した場合、フランスの優先権も定められた。

パリ条約
署名 1900年6月27日
署名場所 パリ
締約国 スペインの旗 スペイン王国
フランスの旗 フランス共和国
主な内容
  • リオ・ムニでの両国の植民地の境界が定められた
  • スペインはウバンギ川から東の2万6千平方キロメートルの領土を認められた
  • スペインがリオ・ムニでの植民地を放棄した場合、フランスの優先権も定められた
テンプレートを表示

脚注編集

  1. ^ Scafidi, Oscar (2015-11-20). Equatorial Guinea. p. 148. ISBN 978-1-84162-925-4. https://books.google.com/books?id=1engCgAAQBAJ&pg=PA148 
  2. ^ William Gervase Clarence-Smith, 1986 "Spanish Equatorial Guinea, 1898-1940", in The Cambridge History of Africa: From 1905 to 1940 Ed. J. D. Fage, A. D. Roberts, & Roland Anthony Oliver. Cambridge: Cambridge University Press. アーカイブされたコピー”. 2014年2月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年9月23日閲覧。