パルナイバポルトガル語: Parnaíba, U-17)は、ブラジル海軍の河川砲艦 (River monitorマットグロッソ小艦隊に配属され、広大なアマゾン川および支川流域の警備にあたっている。

パルナイバ
M Parnaíba (U-17).jpg
基本情報
艦種 河川砲艦 (River monitor
艦歴
起工 1936年6月11日
進水 1937年9月2日
就役 1938年3月9日
要目(1998年の改修後)
基準排水量 620トン
満載排水量 720トン
全長 55.0 m
最大幅 10.1 m
吃水 1.6 m
主機 ディーゼルエンジン×2基
推進 スクリュープロペラ×2軸
速力 12ノット
燃料 90 t
航続距離 1,350海里 (10kt巡航時)
乗員 74名
兵装Mk.22 50口径3インチ緩射砲×1門
70口径40mm単装機銃×2基
Mk.10 20mm単装機銃×6基
搭載機 ヘリコプター甲板のみ
レーダー古野電気3600型 航法用
・デッカ 航法用
テンプレートを表示

概要編集

建造はリオデジャネイロ海軍工廠(AMRJ)において行われ、1936年6月11日に起工、1937年9月2日に進水し、1938年3月9日に就役した[1]。2020年時点でブラジル海軍現役艦艇中最古の艦である。

舷側および甲板には、部分的に装甲が施されている。当初、主機関としては、ソーニクロフト社製の3段膨張式レシプロ蒸気機関(計1,300馬力)を搭載していた[2]。兵装も、当初は4.7インチ砲1門、47mm砲2門、20mm機銃6門を装備しており、1960年に4.7インチ砲をMk.22 50口径3インチ緩射砲に換装するとともに、40mm機銃2門を追加装備した[3]

1990年代において、「ポルト・エスペランサ」に更新されて退役する予定であった[2]が、この計画は撤回された。このことから、1998年1月から1999年5月5日にかけて、ラダーリオ海軍基地で大規模な改修工事が行われた。これによって、主機関をディーゼルエンジンに換装するとともに、ニテロイ級フリゲートの改修に伴い撤去された70口径40mm単装機銃が転用されて搭載された。また艦尾上に架するかたちでヘリコプター甲板が新設された[1]。ここでは、UH-12小型ヘリコプターに対し、給油および再武装を行うことができる[4]

参考文献編集

  1. ^ a b Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. pp. 58-59. ISBN 978-1591149545 
  2. ^ a b Bernard Prezelin (1990). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 1990-1991. Naval Institute Press. p. 42. ISBN 978-0870212505 
  3. ^ Roger Chesneau, Robert Gardiner (1980). Conway's All the World's Fighting Ships 1922-1946. Naval Institute Press. p. 418. ISBN 978-0870219139 
  4. ^ Stephen Saunders, ed (2009). Jane's Fighting Ships 2009-2010. Janes Information Group. p. 79. ISBN 978-0710628886 

関連項目編集