パルム (コンビニエンスストア)

パルムとは、北海道を中心に展開していたコンビニエンスストアである。運営元はコンビニエンスストア・パルム協同組合が行っていたが、現在は解散している。

概要編集

ヤシの木をシンボルマークとしているチェーンである。

1987年ごろよりサンクスローソンなどの大手系列から脱退したり、独立経営で営業していたコンビニエンスストアが互いに経営のノウハウを交換し合ったり、共同での仕入販売を進めていたコンビニエンスストア同士の親睦団体である「新和会」が元となり、1990年に17店の店舗が店舗名を統一して誕生したコンビニエンスストアである[1]

その後も札幌地区[2]、小樽地区、道東地区[3]を中心とし、順調に店舗を拡大していったが、1997年にパルム28店からウィズが分離[1]。その後も本部の解散や経営不振、他業種や大手系列への転換[4]、オーナーの高齢化などにより店舗数は減っていった。

2021年時点は札幌市平岡紋別市の2店舗のみ営業しているが、平岡店は配達の営業のみとなっている。

     
パルム 紋別店
パルム 浜佐呂間店(閉店)
パルム 遠軽店(閉店)

かつては北区を中心に札幌市内に広く存在し、石狩市花川小樽市紋別市北見市美幌町遠軽町佐呂間町浜佐呂間地区にも店舗が存在した。

沿革編集

  • 1990年 - 独立経営のコンビニエンスストア同士の親睦団体である「新和会」を母体とした「ボランタリー・パルム」が発足[1]
  • 1994年 - 組織変革を行い、「コンビニエンスストア・パルム協同組合」が発足[1]
  • 1997年 - ウィズがパルムから分離[1]
  • 2003年 - 本部を札幌市北区屯田へ移転
  • 2006年頃 - 「コンビニエンスストア・パルム協同組合」が解散。

脚注編集

  1. ^ a b c d e Sapporo no akinai. Sapporoshi kyōiku iinkai, 札幌市教育委員会.. Hokkaidōshinbunsha. (1999). ISBN 4-89453-011-2. OCLC 170287657. https://www.worldcat.org/oclc/170287657 
  2. ^ 札幌市内の店舗が殆どであったが、石狩市花川にも店舗が存在した。
  3. ^ 道東で店舗が存在したのはオホーツク総合振興局管内のみである。また、道北と道南には店舗は存在しなかった。
  4. ^ 他業種への転換例としてはディスカウントストア、「ビックリッキー」に転換した遠軽店、大手系列への転換例としてはセブンイレブン北見北上店(2014年に道路の拡幅工事による立ち退きにより閉店)に転換した北見店などが挙げられる。