パンクラス王者一覧

ウィキメディアの一覧記事

パンクラス王者一覧は、日本総合格闘技団体パンクラス」の王座変遷表である。

パンクラスではチャンピオンのことを特別にキング・オブ・パンクラシストと呼ぶ。

2008年1月30日の大会からネバダ州アスレチック・コミッションの制定した体重制へ階級の区分を変更。バンタム級とフライ級が新設されスーパーヘビー級は廃止された[1][2]

2009年10月25日の大会からフライ級のリミットが58.0kgから56.7kgへ引き下げられた[3]

男子編集

無差別級編集

氏名 在位期間 防衛回数 備考
  ケン・シャムロック 1994年12月17日 - 1995年5月13日 1
2   鈴木みのる 1995年5月13日 - 1995年9月1日 0
3   バス・ルッテン 1995年9月1日 - 1996年(返上) 2
  フランク・シャムロック 1996年1月28日 - 1996年5月16日 0
4   船木誠勝 1996年12月15日 - 1997年4月27日 0
5   近藤有己 1997年4月27日 - 1997年12月20日 1
6   船木誠勝 1997年12月20日 - 1998年4月26日 0
7   ガイ・メッツァー 1998年4月26日 - 1999年2月(返上)[4] 2
8   近藤有己 1999年4月18日 - 1999年11月28日 1
9   セーム・シュルト 1999年11月28日 - 2003年7月(返上)[5] 2
10   ジョシュ・バーネット 2003年8月31日 - 現在 2

ヘビー級(-265lbs:-120.2kg)編集

2007年12月までは-100kg。

氏名 在位期間 防衛回数 備考
  高橋義生 2001年12月1日 - 2005年3月(返上) 1
2   アルボーシャス・タイガー 2006年8月27日 - 2007年5月23日(返上)[6] 0
3   アスエリオ・シウバ 2007年5月30日 - 2007年12月(返上)[7] 0
空位 2007年12月 - 現在

ライトヘビー級(-205lbs:-93.0kg)編集

2007年12月までは-90kg。

氏名 在位期間 防衛回数 備考
1   KEI山宮 2000年9月24日 - 2001年2月(返上)[8] 0
2   菊田早苗 2001年9月30日 - 2003年11月30日 1
3   近藤有己 2003年11月30日 - 2007年12月(階級変更により返上)[7] 1
4   川村亮 2008年10月1日 - 2011年5月4日(階級変更により返上)[9] 2
空位 2011年5月4日 - 現在

ミドル級(-185lbs:-83.9kg)編集

2007年12月までは-82kg。

氏名 在位期間 防衛回数 備考
1   ネイサン・マーコート 2000年9月24日 - 2001年12月1日 2
2   國奥麒樹真 2001年12月1日 - 2002年12月21日 0
3   ネイサン・マーコート 2002年12月21日 - 2003年11月30日 0
4   ヒカルド・アルメイダ 2003年11月30日 - 2004年7月13日(返上)[10] 0
5   ネイサン・マーコート 2004年11月7日 - 2005年5月(返上) 1
6   中西裕一 2006年12月2日 - 2007年11月28日 0
7   竹内出 2007年11月28日 - 2009年12月6日 1
  近藤有己 2008年1月1日 - 2010年4月29日 1
8   金井一朗 2009年12月6日 - 2010年4月29日 0
9   近藤有己 2010年4月29日 - 2010年12月5日 0
10   藤井陸平 2010年12月5日 - 2011年4月23日(返上)[11] 0
11   川村亮 2012年1月28日 - 2014年6月29日 1
12   安西信昌 2014年6月29日 - 2014年6月29日(返上)[12] 0
13   ロッキー川村 2016年10月2日 - 2017年11月12日 0
14   新村優貴 2017年11月12日 - 2020年2月19日(返上) 0
15   内藤由良 2022年3月21日 - 現在 0

ウェルター級(-170lbs:-77.1kg)編集

2007年12月までは-75kg。

氏名 在位期間 防衛回数 備考
1   國奥麒樹真 2002年7月28日 - 2004年9月21日(返上)[13] 2
  井上克也 2005年5月1日 - 2006年8月27日 2
2   石毛大蔵 2006年8月27日 - 2007年12月(返上)[7] 0
  井上克也 2007年7月27日 - 2008年1月30日 0
3 2008年1月30日 - 2008年1月30日(返上)[14] 0
  和田拓也 2008年4月27日 - 2008年12月7日 0
4 2008年12月7日 - 2010年4月29日(返上)[15] 1
5   URAKEN 2010年6月5日 - 2011年2月6日 0
6   佐藤豪則 2011年2月6日 - 2014年6月11日(返上)[16] 5
7   レッツ豪太 2014年8月10日 - 2015年10月4日 1
8   鈴木槙吾 2015年10月4日 - 2016年3月13日 0
9   村山暁洋 2016年3月13日 - 2016年10月2日 0
10   三浦広光 2016年10月2日 - 2017年7月2日 0
11   阿部大治 2017年7月2日 - 2018年4月18日(返上)[17] 0
12   グライコ・フランサ 2018年7月1日 - (返上) 0
13   手塚裕之 2019年6月30日 - 2022年5月26日(返上) 0
  菊入正行 2021年10月17日 - 2022年5月26日 0 村山暁洋との暫定王座決定戦により獲得
14 2022年5月26日 - 現在 0 手塚の王座返上により認定

ライト級(-155lbs:-70.3kg)編集

2007年12月までは-69kg。

氏名 在位期間 防衛回数 備考
  昇侍 2008年1月30日 - 2008年7月(返上)[18] 0
2   井上克也 2008年12月7日 - 2009年8月8日 1
3   真騎士 2009年8月8日 - 2011年4月8日(返上)[19] 0
4   大石幸史 2011年5月3日 - 2012年4月1日 0
5   ISAO 2012年4月1日 - 2014年11月5日(返上)[20] 1
6   徳留一樹 2015年11月1日 - 2016年9月11日 0
7   久米鷹介 2016年9月11日 - 現在 3 徳留一樹(PANCRASE 292)
○ トム・サントス(PANCRASE 304)
○ 雑賀ヤン坊達也(PANCRASE 325/王座統一戦)
  サドゥロエフ・ソリホン 2019年9月29日 - 2020年2月16日(返上) 2 久米がONE参戦中のため制定
  雑賀ヤン坊達也 2020年9月27日 - 2021年12月12日 0
  アキラ 2022年9月11日 - 現在 0 久米が怪我のため防衛戦を行えず制定、松本光史との暫定王者決定戦に勝利し認定

フェザー級(-145lbs:-65.8kg)編集

2007年12月までは-64kg。

氏名 在位期間 防衛回数 備考
  前田吉朗 2006年8月27日 - 2008年10月4日(返上)[21] 0
2   マルロン・サンドロ 2008年10月26日 - 2012年8月10日(返上)[22] 0
  タクミ 2011年9月4日 - 2012年8月10日 1
3 2012年8月10日 - 2015年2月1日 1 マルロン・サンドロの王座返上により認定
4   ナム・ファン 2015年2月1日 - 2015年10月4日 0
5   アンディ・メイン 2015年10月4日 - 2017年1月11日(剥奪)[23] 0
  田村一聖 2016年4月24日 - 2017年1月11日 0
6 2017年1月11日 - 2017年3月12日 0 アンディ・メインの王座剥奪により認定
7   ナザレノ・マレガリエ 2017年3月12日 - 2019年5月26日 0
  ISAO 2018年4月15日 - 2019年5月26日 0
8 2019年5月26日 - 現在 3 ナザレノ・マレガリエとの王座統一戦勝利により昇格
カイル・アグォン(PANCRASE 309)
アキラ(PANCRASE 316)
中島太一(PANCRASE 321)
  透暉鷹 2022年7月18日 - 現在 0 ISAOが怪我のため防衛戦を行えず制定、亀井晨佑との暫定王者決定戦に勝利し認定

バンタム級(-135lbs:-61.2kg)編集

氏名 在位期間 防衛回数 備考
  井上学 2008年12月7日 - 2011年12月3日 2 赤井太志朗(PANCRASE 2010 PASSION TOUR)
川原誠也(PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR)
2   石渡伸太郎 2011年12月3日 - 2019年4月16日(返上) 5 赤井太志朗(PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR)
○ 齊藤曜(PANCRASE 256)
ビクター・ヘンリー(PANCRASE 273)
ジョナサン・ブルッキンズ(PANCRASE 279)
ハファエル・シウバ英語版(PANCRASE 287)
  ハファエル・シウバ英語版 2019年3月17日 - 2019年4月16日 1 瀧澤謙太(PANCRASE 303)
3 2019年7月21日 - 現在 1 石渡の王座返上により昇格
金太郎(PANCRASE 307)
  中島太一 2021年12月12日 - 現在 0 シウバの入国が困難なため制定、井村塁との暫定王者決定戦に勝利し認定

フライ級(-125lbs:-56.7kg)編集

2009年9月まではリミットは-58.0kg[3]。2011年4月よりフライ級からスーパーフライ級へ階級名変更。2015年10月よりスーパーフライ級からフライ級へ階級名変更。

氏名 在位期間 防衛回数 備考
  砂辺光久 2009年6月7日 - 2010年2月7日 1 ○ 廣瀬勲(PANCRASE 2009 CHANGING TOUR)
2   清水清隆 2010年2月7日 - 2015年12月15日(返上)[24] 6 ○ 廣瀬勲(PANCRASE 2010 PASSION TOUR)
砂辺光久(PANCRASE 2010 PASSION TOUR)
砂辺光久(PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR)
△ 小塚誠司(PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR)
○ 安永有希(PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR)
山本篤(PANCRASE 257)
3   神酒龍一 2016年7月24日 - 2017年3月12日 0
4   マモル 2017年3月12日 - 2017年8月20日 0
5   仙三 2017年8月20日 - 2022年1月24日(返上) 1 ○ 若松佑弥(PANCRASE 293)
  翔兵 2019年7月21日 - 2020年3月17日(返上) 0
  小川徹 2021年8月24日 - 2022年1月24日 1 フライ級暫定王者決定4人トーナメント決勝進出及びBブロック勝者・猿飛流の負傷により認定
○ 上田将竜(PANCRASE 324)
6 2022年1月24日 - 2022年3月21日 0 仙三の王座返上により昇格
7   猿飛流 2022年3月21日 - 0

ストロー級(-115lbs:-52.2kg)編集

氏名 在位期間 防衛回数 備考
  砂辺光久 2015年11月1日 - 2019年7月21日 2 北方大地(PANCRASE 283)
○ 室伏シンヤ(PANCRASE 295)
2   北方大地 2019年7月21日 - 2022年7月18日 1 ○ 宮澤雄大(PANCRASE 309)
3   山北渓人 2022年7月18日 - 現在 0

女子編集

女子バンタム級(-135lbs:-61.2kg)編集

氏名 在位期間 防衛回数 備考
  中井りん 2012年12月1日 - 2017年2月9日(返上)[25] 0
空位 2017年2月9日 - 現在

女子フライ級(-125lbs:-56.7kg)編集

氏名 在位期間 防衛回数 備考
  シッジ・ホッシャ 2019年4月14日 - 現在 0
  端貴代 2021年10月17日 - 現在 0 ホッシャの入国が困難なため制定

女子ストロー級(-115lbs:-52.2kg)編集

氏名 在位期間 防衛回数 備考
  朱里 2017年5月28日 - 2018年7月(返上) 0
2   ビビアン・アラウジョ 2018年8月5日 - 2020年2月19日(返上) 0
  藤野恵実 2019年12月8日 - 2020年2月19日 0 暫定王者決定トーナメント優勝により認定
3 2020年2月19日 - 2022年3月21日 0 アロージョの王座返上により昇格
4   KAREN 2022年3月21日 - 現在 0

廃止された王座編集

スーパーヘビー級(+100kg)編集

氏名 在位期間 防衛回数 備考
  高阪剛 2004年11月7日 - 2006年1月20日(返上) 0

ライトフライ級(-120lbs:-54.4kg)編集

2015年10月よりフライ級からライトフライ級へ階級名変更。

氏名 在位期間 防衛回数 備考
  砂辺光久 2011年12月3日 - 2015年9月9日(返上)[26] 2 ○ 宇都木正和(PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR)
田原しんぺー(PANCRASE 252)
2   神部建斗 2015年12月13日 - 現在 0

脚注編集

  1. ^ [パンクラス] 新階級は1月30日の後楽園大会より導入。軽量級が充実 BoutReview 2007年12月4日
  2. ^ 【パンクラス】1・30後楽園大会より新階級制度を導入! 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年12月4日
  3. ^ a b [パンクラス] 階級区分変更。フライ級もネバダ同様56.7kgに BoutReview 2009年8月19日
  4. ^ ガイ・メッツァー、王座返上 BoutReview 1999年2月9日
  5. ^ [パンクラス] 無差別級ランキング、全面更新で再始動。シュルトは王座返上 BoutReview 2003年8月1日
  6. ^ アスエリオ・シウバ初参戦 BoutReview 2007年5月23日
  7. ^ a b c 【パンクラス】1・1付けで新階級導入後の最新ランキング発表! 近藤はミドル級暫定王者に 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年1月1日
  8. ^ 美濃輪、vs近藤に向け試練の勝負 BoutReview 2001年2月16日
  9. ^ 【パンクラス】6・5川村亮、ライトヘビー級王座返上!ミドル級転向第一戦で秋山成勲の愛弟子と対決 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年5月4日
  10. ^ [パンクラス] アルメイダが引退表明文発表。ベルトの行方は? BoutReview 2004年7月26日
  11. ^ 【パンクラス】6・5佐藤豪則が防衛戦!相手はミドル級無敗の大類、藤井陸平は王座返上 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年4月23日
  12. ^ [パンクラス] 安西信昌、川村亮に1R TKO勝ち。ミドル級王座は即返上:6.29 有明 BoutReview 2014年6月29日
  13. ^ [パンクラス] 國奥のウェルター級王座返上を正式受理。空位に BoutReview 2004年9月22日
  14. ^ 【パンクラス】井上克也が王座返上、その場で昇侍に挑戦を表明 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年1月31日
  15. ^ 【パンクラス】6・5和田拓也が返上したウェルター級王座を宇良と山宮が争う 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年4月27日
  16. ^ [パンクラス] 佐藤豪則、ウェルター級王座返上。村山暁洋×レッツ豪太で新王座戦:8.10 有明 BoutReview 2014年6月11日
  17. ^ パンクラス 7.1 新木場スタジオコースト:4連続1R勝利の佐藤天×UFC 3戦経験のグライコ・フランサでウェルター級王座決定戦 BoutReview 2018年4月18日
  18. ^ 【パンクラス】8・27第2代ライト級王者決定戦、大石幸史VS小路伸亮が決定 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年7月8日
  19. ^ [パンクラス] 真騎士返上ライト級王座賭け大石と花澤が激突:5.3 有明 BoutReview 2011年4月8日
  20. ^ [パンクラス] 11.5付最新ランキング。ISAOがライト級王座返上。ブルッキンズはバンタム級1位 BoutReview 2014年11月5日
  21. ^ [パンクラス] 吉朗返上王座賭け、サンドロと滝田激突 BoutReview 2008年10月6日
  22. ^ [パンクラス] マルロン・サンドロがフェザー級王座返上。タクミが正規王者に BoutReview 2012年8月9日
  23. ^ [パンクラス] アンディ・メイン、フェザー級王座はく奪。田村一聖が正王者に昇格 BoutReview 2017年1月11日
  24. ^ [パンクラス] 15.12.15付ランキング。王者査定試合で敗れた清水清隆はフライ級4位に BoutReview 2015年12月15日
  25. ^ [パンクラス] 17.2.9付ランキング。中井りん女子フライ級1位、朱里女子ストロー級1位に BoutReview 2017年2月9日
  26. ^ [パンクラス] 砂辺光久×阿部博之でライトフライ級王座決定戦。三浦広光×KAZZも追加:11.1 有明 BoutReview 2015年9月9日