パンシェルジュ検定

パンシェルジュ検定(パンシェルジュけんてい)は、パンシェルジュ検定運営委員会が主催している検定試験である。株式会社ホームメイドクッキング[2]が後援している。

パンシェルジュ検定
実施国 日本の旗 日本
資格種類 民間資格
分野 食品パン
試験形式 筆記
認定団体 パンシェルジュ検定運営事務局
日本出版販売
後援 株式会社ホームメイドクッキング
認定開始年月日 2009年11月3日[1]
等級・称号 1級(パンシェルジュマスター)
2級(パンシェルジュプロフェッショナル)
3級(パンシェルジュベーシック)
公式サイト パンシェルジュ検定
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

概要編集

従来日本人の主食と言われてきたに代わりうる存在として、すっかり日常の食生活に定着した「パン」についての知識を問う検定試験である。

本試験ではパンの製造方法や関連器具、材料の知識だけでなく、パンの歴史や世界のパンの種類衛生マナーについても出題される。

初回試験は2009年11月3日に実施された。

等級は1級(パンシェルジュマスター)2級(パンシェルジュプロフェッショナル)3級(パンシェルジュベーシック)の3段階が用意されている。難易度としては3級は趣味レベルであるが、2級以上になるとより実践的かつ専門的な内容になりパン屋など製パンに関わる職業人向けの試験内容となる。

合格基準は1級では満点の80%以上の得点率、2級および3級は満点の70%以上の得点率である。

1級受験にあたっては既に2級に合格していることが前提条件となる。2級と3級は併願可能だが、3級が不合格だった場合は2級も自動的に不合格となる。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集