メインメニューを開く

パンジャーブ州 (インド)

パンジャーブ州パンジャブ語: ਪੰਜਾਬヒンディー語: पंजाब英語: Punjab)は、インド北西部の。州都はチャンディーガル

パンジャーブ州
Punjab
ਪੰਜਾਬ
インド国内の位置
(インド国内の位置)
基礎情報
Flag of India.svg インド
行政区 パンジャーブ州
州都 チャンディーガル(Chandigarh)
面積 50,362 km²
人口 2001年
 - 合計 24,289,296 人
 - 人口密度 482 人/km²
時間帯 インド標準時(IST)UTC+5:30
公用語 パンジャーブ語
創立 1956年11月1日
知事 S.F. ロドリゲス(S.F. Rodrigues)
首相 アマリンダー・シン(Amarinder Singh)
立法機関(議席数) 一院制(117)
略称ISO IN-PB
州政府公式ウェブサイト http://punjabgovt.nic.in/

目次

地理編集

パンジャーブは「5つの河」という意味のペルシア語(「پنج (パンジ:5)」+「آب(アーブ:水)」)が起源で、その名の通りインダス川と支流の5つの河が織り成す豊かな地方である。インダス川水系の河川が作り出した沖積平野である。

インドの中では比較的小さな州である。更に大きなパンジャーブ地域の一部で、インドのパンジャーブ州のほか、パキスタン領にもパキスタンのパンジャーブ州がある。東にヒマーチャル・プラデーシュ州、南にハリヤーナー州、南西にラージャスターン州と接する。

歴史編集

地方行政区分編集

 
パンジャーブ州の地方行政区分

産業編集

穀物生産量は、州の規模からすると大きい。2002年に生産された米890万トン(玄米重量)はインド全体の12%、小麦1,420万トンは22%にも当たる[1]

住民編集

パンジャーブを起源に持つ著名人編集

脚注編集

  1. ^ 杉本大三「小麦と米のわきあがる大地」/ 広瀬崇子・近藤正規・井上恭子・南埜猛編著『現代インドを知るための60章』明石書店 2007年 268ページ

外部リンク編集