メインメニューを開く

パンディーオーン

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

パンディーオーン古希: Πανδίων, Pandīōn)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してパンディオンとも表記される。主に、

のほか、数人が知られている。以下に説明する。

エリクトニオスの子編集

このパンディーオーンは、アテーナイの王エリクトニオスと水のニュムペープラークシテアーの子で[1]、プラークシテアーの姉妹ゼウクシッペーとの間にプロクネーピロメーラー、エレクテウス、ブーテースをもうけた[2]

パンディーオーンの娘たちは古来より鳥になったことで知られており、すでにヘーシオドスも『仕事と日々』の中で言及している[3]。またパンディーオーンの時代にデーメーテールディオニューソスアッティカにやって来たといわれる[4]。 デーメーテールはケレオスの治めるエレウシース(アッティカ近郊の町)に受け入れられた。ディオニューソスはイーカリオスブドウ醸造の技術を教えたが、イーカリオスは後に羊飼いたちに殺された。

プロクネーとピロメーラー編集

パンディーオーンはテーバイの王ラブダコスとの間に戦争が起きたとき、トラーキアの王テーレウスの援軍を得て勝利した。そこで戦後、パンディーオーンはテーレウスにプロクネーを妻として与えたが、テーレウスはプロクネーが死んだと偽ってピロメーラーと結婚した。そして全てを知ったピロメーラーが何も話せないように舌を切り取った。しかしピロメーラーは文字でプロクネーに知らせたため、プロクネーはテーレウスとの間に生まれた息子イテュスを殺してテーレウスの食事に出し、ピロメーラーとともに逃げた。そしてテーレウスに捕まる寸前、神に願ってそれぞれ鳥になった[2]

オウィディウスによるとパンディーオーンはテーレウスの援軍を得るために、プロクネーをテーレウスと結婚させたとし、娘たちの悲劇がパンディーオーンの寿命を縮めたと述べている[5]ヒュギーヌスも娘たちについて、また少し異なる異伝を伝えている[6]。なお、パンディーオーンの死後、王権はエレクテウスが継承し、アテーナーポセイドーン・エレクテウスの祭祀権をブーテースが継承した[7]

エレクテウスの孫編集

このパンディーオーンは、アテーナイの王エレクテウスの子ケクロプスと、エウパラモスの娘メーティアドゥーサの子で、上述のパンディーオーンの曾孫にあたる。メガラーの王ピュラースの娘ピュリアーとの間にアイゲウスパラースニーソスリュコスをもうけた。

パンディーオーンは父ケクロプスの死後に王となったが、叔父のメーティオーンの息子たちが内乱を起こし、追放された。このためパンディーオーンはメガラーのピュラース王のところに亡命して、王女ピュリアーと結婚し、後にピュラースがペロポネーソス半島に去ったときに王国を譲り受けた[8]。メガラーの王となったパンディーオーンはこの地で一生を終えたが、息子たちはアテーナイに進軍してメーティオーンの息子たちを追放し、王国を4分してそれぞれ支配した[9][10]。なお、メガラーにはパンディーオーンの墓と英雄廟があった[11][12]

ピーネウスの子編集

このパンディーオーンは、トラーキアのサルミュデーソスの王ピーネウスと、ボレアースオーレイテュイアの娘クレオパトラーの子で、プレークシッポスと兄弟[13]

ピーネウスは後にダルダノスの娘イーダイアーと結婚したが、イーダイアーはパンディーオーンとプレークシッポスに襲われたとピーネウスに讒言したため、2人はピーネウスによって盲目にさせられた[13][14]。あるいは鞭打ちの刑に処された。一説によるとそこにアルゴナウタイがやって来て、母クレオパトラーの兄弟であるゼーテースカライスが2人を救出しようとした。そこでピーネウスとアルゴナウタイとの間に戦争がおこり、ピーネウスは滅ぼされ、2人の母クレオパトラーも救出された。パンディーオーンとプレークシッポスはイーダイアーを殺そうとしたがヘーラクレースに止められたので、ダルダノスのもとに送り返して処罰を求め、ダルダノスはイーダイアーを死刑にした[15]

系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリクトニオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイオロス
 
 
 
 
 
パンディーオーン
 
ゼウクシッペー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
デーイオーン
 
 
 
エレクテウス
 
 
 
ピロメーラー
 
プロクネー
 
テーレウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ケパロス
 
プロクリス
 
オーレイテュイア
 
ボレアース
 
ケクロプス
 
クスートス
 
クレウーサ
 
メーティオーン
 
クトニアー
 
ブーテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレオパトラー
 
カライス
 
ゼーテース
 
パンディーオーン
 
アカイオス
 
イオーン
 
エウパラモス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プレークシッポス
 
パンディーオーン
 
 
 
 
 
 
パラース
 
リュコス
 
ニーソス
 
 
 
ペルディクス
 
ダイダロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キオネー
 
ポセイドーン
 
アイトラー
 
アイゲウス
 
メーデイア
 
 
スキュラ
 
エウリュノメー
 
タロース
 
イーカロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウモルポス
 
アンティオペー
 
テーセウス
 
 
 
パイドラー
 
 
 
 
 
 
 
ベレロポーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒッポリュトス
 
アカマース
 
デーモポーン
 


その他のパンディーオーン編集

脚注編集

  1. ^ アポロドーロス、3巻14・6。
  2. ^ a b アポロドーロス、3巻14・8。
  3. ^ ヘーシオドス『仕事と日々』569行。
  4. ^ アポロドーロス、3巻14・7。
  5. ^ オウィディウス『変身物語』6巻。
  6. ^ ヒュギーヌス、45話。
  7. ^ アポロドーロス、3巻15・1。
  8. ^ アポロドーロス、3巻15・5。
  9. ^ アポロドーロス、3巻15・6。
  10. ^ パウサニアス、1巻5・3-5・4。
  11. ^ パウサニアス、1巻5・3。
  12. ^ パウサニアス、1巻41・6。
  13. ^ a b アポロドーロス、3巻15・3。
  14. ^ ヒュギーヌス、19話。
  15. ^ シケリアのディオドロス、4巻43・3-44・4。
  16. ^ アポロドーロス、2巻1・5。
  17. ^ アントーニーヌス・リーベラーリス、17話。

参考文献編集