メインメニューを開く

パンブデルリオン (Pambdelurion whittingtoni) は、グリーンランドシリウスパセット化石産地にて発見されたカンブリア紀の古生物である。解剖学的特徴から近縁のケリグマケラと共に、アノマロカリス類とは近縁であることが示唆されている[1]

パンブデルリオン
生息年代: Cambrian stage 3
Pambdelurion whittingtoni.JPG
生態復元想像図
地質時代
カンブリア紀Cambrian Stage 3
分類
: 動物界 Animalia
上門 : 脱皮動物上門 Ecdysozoa
階級なし : 汎節足動物 Panarthropoda
葉足動物 "Lobopodia"
: (ステムグループ)[1]
節足動物門 Arthropoda
: (和訳なし) Dinocaridida
: パンブデルリオン属 Pambdelurion
Budd 1997
学名
Pambdelurion whittingtoni
Budd 1997

形態編集

全長約20㎝。同じくシリウス・パセット動物群であるケリグマケラのように、全身は柔軟で、頭部には大きな触手と、胴体には11対の鰭(ひれ)と葉足を具えた動物である。

頭部にはらしき構造が見当たらず、1対の大きな触手(前方付属肢)がある。触手は筋に細分され、アノマロカリス類のように関節肢化していない。内側には数本の長い突起があり、左右嚙み合わせるような構造になっている。 触手の間、いわゆる頭部前方の突出部には3対の突起がある。大きな口はアノマロカリス類のように、円状に並んだ歯に囲まれ、頭部の腹側に向かっているが、歯の形と大きさは均一で、アノマロカリス類のように特殊化していない[2]

胴体の背側は筋に細分され、両側に沿って走る11対の鰭と葉足動物の様な脚(葉足)を持つ。尾端には特殊化した附属体を持たない。ケリグマケラアノマロカリス類のように、消化管には体節に応じた数対の消化腺が並んでいる[3]

生態編集

パンブデルリオンは遊泳性の動物と思われる。旧復元では、大きな触手にある櫛状の棘の列は濾過摂食者であることが示唆された[4]が、口と触手の構造を書き換えた新たな知見から、捕食者とみる見解もある[3]

参考文献編集

  1. ^ a b Budd, G. E. (1998). “11. Stem group arthropods from the Lower Cambrian Sirius Passet fauna of North Greenland”. Arthropod relationships. ISBN 978-0-412-75420-3. https://books.google.com/books?id=Pj-q9eHyIx0C&pg=PA125. 
  2. ^ The mouth apparatus of the Cambrian gilled lobopodian Pambdelurion whittingtoni
  3. ^ a b Sophisticated digestive systems in early arthropods
  4. ^ The Anomalocaris Homepage | Species Accounts IV - Kerygmachela kierkegaardi & Pambdelurion whittingtoni

関連項目編集