メインメニューを開く

パンプキンズは、吉本興業東京本社(東京吉本、厳密にはよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属のお笑いコンビ東京NSC11期生出身。

コンビ名の由来は、二人ともカボチャのような体型であることから(なお、体重はそれぞれ65kgと75kg)。『ぐるぐるナインティナイン』の『おもしろ荘へいらっしゃい!』コーナーに出演した時には、自ら『カボチャっ腹』と称していた。

2007年12月5日放送の『あらびき団』(TBSテレビ)が、テレビ初出演となった[1]

2013年8月31日を以ってパンプキンズを解散したことを報告[2]。解散後伊知地は「パンプキンズまりこ」として、東京よしもと新喜劇4期生を経て、東京よしもと新喜劇で活動している[1]

メンバー編集

東京都出身。
相方・伊知地とは違い、子供の頃から太っていたという[3]
デビュー前からお笑い好きであり、お笑いライブ会場で出待ちをし木村祐一千原ジュニアペナルティらと一緒に写真に収まっていたということがあった。テレビ東京アナウンサー大橋未歩に顔が似ており、大橋アナと共演する今田東野にも認められている。
千葉県出身。東京NSCを皆勤賞で卒業している。
かつてはアムラーのファッションをしていたいわゆるギャルだったこともあったが(その当時は結構モテたと語っている)、当時から現在までに体重は15kgほど増えたという[3]

ポジションは、二人ともボケとツッコミの両方を兼任している。

ネタ・芸風編集

主にコントを演じている。腹の出そうな小さ目のTシャツを来て出演することも多い。

  • アイドルコンサート
『あっはーん、あははーん』と腰を揺らしながら歌って踊る。
  • スポーツコント
テニス野球など。俊敏に動き回るのが特徴。

出演編集

テレビ編集

『国民的内面美少女芸人コンテスト』の企画に、森三中ハリセンボンと一緒に出演。
  • MMM(日本テレビ 2008年4月7日)
『音ネタ!ダウンロードバトル!!』コーナーに出演。
東京NSC同期生のエド・はるみと共演。入学試験の面接の時に初めて会い、『吉本のお偉いさんかと思った』などのエピソードを話していた。
金曜日の『グーグー体操』で定期出演。

映画編集

CD編集

  • エド・はるみとメタボシスターズ『グーグー体操』(2008年6月25日)

脚注編集

  1. ^ a b パンプキンズまりこtwitter 自己紹介より。
  2. ^ 皆さんに、ご報告です。”. パンプキンズまりこの「今日もお嫁にいけません☆」 (2013年9月19日). 2018年4月11日閲覧。
  3. ^ a b 参考:『あらびき団公式パンフレット』(ヨシモトブックス・ワニブックス)より

外部リンク編集