パーキー(Parky、1986年12月16日 - )は、韓国男性総合格闘家。本名はパク・ウォンシク(박원식、Won Sik Park)。慶尚南道蔚山市(現・蔚山広域市)出身。TEAM MADULSAN属。

パーキー
基本情報
本名 パク・ウォンシク
通称 韓国ライト級の狼
国籍 大韓民国の旗 韓国
生年月日 (1986-12-16) 1986年12月16日(37歳)
出身地 慶尚南道蔚山市
所属 CMA KOREA
→TEAM MADULSAN
身長 180cm
体重 81.55kg[1]
階級 ライト級
ミドル級[1]
バックボーン テコンドーブラジリアン柔術[1]
テンプレートを表示

来歴

編集

テコンドーブラジリアン柔術をバックボーンに持ち、韓国国内のグラップリングと柔術の大会で数多くの優勝経験を持つ。

2009年10月25日、DREAM.12弘中邦佳と対戦し、1R終了時に左目の視界不良を訴えTKO負けとなった[2]

2010年7月3日、DEEP 48 IMPACTで上山龍紀と対戦し、1Rにパーキーの反則となるグラウンドの膝蹴りで上山がダメージを受けインターバルが取られたが回復せず試合終了となり、映像で確認するために裁定は主催者預かりとなったが[3]、7月7日に、膝蹴りは流れの中での偶発的なものだったとして裁定はノーコンテストとなった[4]

2010年12月30日、戦極 Soul of Fightで行なわれた「SRC VS DREAM 交流戦」で真騎士と対戦し、0-3の判定負けを喫した[5]

2013年11月24日、DEEP CAGE IMPACT 2013で吉田善行と対戦し、チョークスリーパーで一本負けを喫した。

2016年3月12日、ROAD FC 29で佐々木信治と対戦し、パウンドでTKO負けを喫した。

2020年1月19日、HEAT 46で草・MAXとHEAT総合ルール・ライト級王座決定戦で対戦し、判定勝ちを収めた。

その後、首の骨を折る大怪我を負って現役を引退した[1]

2023年5月21日、BREAKING DOWN 8で飯田将成とキックボクシングルールで対戦し、延長の末2-3の判定負けを喫した[1]

戦績

編集

プロ総合格闘技

編集
総合格闘技 戦績
25 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
15 8 4 3 0 1 1
8 4 2 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
草・MAX 5分3R終了 判定3-0 HEAT 46
【HEATライト級王座決定戦】
2020年1月19日
× エリック・ゴンザレス 2R 2:25 TKO Combate 36 2019年4月26日
ホセ・ルイス・メドラーノ 1R 1:48 KO Combate Americas 2018年11月17日
× ムングオスズ・ナンディンエルデン 1R 1:02 TKO ROAD FC 35 2016年12月10日
阿部右京 1R 0:41 TKO ROAD FC 33 2016年9月24日
Taketo Shimizu 1R 1:03 TKO CMA MMA - Crazy King x CMA Kaiser Festival 2016年6月26日
× 佐々木信治 1R 0:40 TKO(パウンド) ROAD FC 29 2016年3月12日
アニマル・幸治 5分2R終了 判定3-0 IGF GENOME34 2015年6月27日
× 吉田善行 2R 4:46 チョークスリーパー DEEP CAGE IMPACT 2013 in TDC HALL 2013年11月24日
× 梅田恒介 5分2R終了 判定0-3 DEEP 58 IMPACT 2012年6月15日
× 真騎士 5分3R終了 判定0-3 戦極 Soul of Fight 2010年12月30日
ジェシー・ソーサ 1R 3:40 TKO(パウンド) GRACHAN V 2010年11月7日
網本規久 1R 0:47 腕ひしぎ十字固め GLADIATOR 9 2010年8月21日
上山龍紀 1R 4:16 ノーコンテスト(偶発的な膝蹴りによる) DEEP 48 IMPACT 2010年7月3日
× 弘中邦佳 1R終了時 TKO(タオル投入:左目負傷) DREAM.12 2009年10月25日
五十里祐一 1R 4:58 チョークスリーパー DEEP 43 IMPACT 2009年8月23日
坪井淳浩 1R 3:21 TKO(ドクターストップ) DEEP NAGOYA IMPACT 公武堂ファイト in ZEPP NAGOYA 2009年7月26日
松下直輝 1R 3:59 TKO(ドクターストップ) DEEP 41 IMPACT 2009年4月16日
ファジャル・デ・ヴィント 5分2R終了 判定3-0 M-1チャレンジ韓国大会 2008年8月29日
野沢洋之 5分3R終了 判定1-0 MARS 11 "2nd ANNIVERSARY" 2008年2月11日
ハイラン西村 1R 2:48 TKO(パウンド) MARS 10 "ALL-OUT WAR" 2007年12月9日
ウィリアム・アニマル 1R 1:37 KO MARS 09 "BLOW AWAY" 2007年10月13日
イ・ヨンギ 1R 1:37 腕ひしぎ十字固め Super Sambo Festival 2007年6月24日
× ルイス・フェルナンド 1R 3:08 チョークスリーパー MARS 05 "MARCHING ON" 2006年10月28日
キム・ジェウォン 1R 5:00 腕ひしぎ十字固め Empire Fighter Club 2004年12月29日

アマチュアキックボクシング 

編集
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
悠矢 1R 1:13 KO(右ストレート) Rumble Excited All 2023年7月2日
× 飯田将成 1分1R+延長2R終了 判定2-3 BREAKING DOWN 8 2023年5月21日

脚注

編集

注釈 

編集
  1. ^ BREAKING DOWNにはこちらの名義で参戦している[1]

出典 

編集

関連項目

編集

外部リンク

編集