メインメニューを開く

パージ:大統領令』(パージ:だいとうりょうれい、原題:The Purge: Election Year)は、2016年制作・公開のアメリカ合衆国スリラー映画である。2013年から続く「パージ」シリーズの3作目である。公開年に米国内で行われた大統領選を題材としたことなどから、シリーズとしては最大のヒット作となった。

パージ:大統領令
The Purge: Election Year
The Purge Election Year Logo.png
監督 ジェームズ・デモナコ
脚本 ジェームズ・デモナコ
製作 ジェイソン・ブラム
マイケル・ベイ
アンドリュー・フォーム
ブラッドリー・フラー
セマスチャン・K・ルメルシエ
出演者 フランク・グリロ
エリザベス・ミッチェル
ミケルティ・ウィリアムソン
音楽 ネイサン・ホワイトヘッド
撮影 ジャック・ジューフレ
編集 トッド・E・ミラー
製作会社 プラチナム・デューンズ
ブラムハウス・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル映画
日本の旗 パルコ
公開 アメリカ合衆国の旗 2016年7月1日
日本の旗 2017年4月14日[1]
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000[2]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $79,213,375[2]
世界の旗 $118,587,880[2]
前作 パージ:アナーキー
次作 パージ:エクスペリメント
テンプレートを表示

ストーリー編集

経済が崩壊した後のアメリカでは、「新しいアメリカ建国の父たち(NFFA)」を名乗る集団が全体主義的な統治を行っていた。NFFAは1年に1回、殺人を含むすべての犯罪が合法化される夜(パージ)を設けた(夜7時から翌朝7時までの12時間)。この間、すべての警察、消防署、医療サービスが停止される。そしてパージ2ヶ月後に是非を問う大統領選が始まろうとしており、パージに異を唱える女性の上院議員ローンが台頭。そして、政府はその年のパージで国会議員を含む上流階級への標的免除条項を排除。パージが始まった夜、ローンは謎の武装組織の襲撃を受ける。ローンは彼女を護衛するレオ、彼女の支援者達と共に国策としてのパージの是非が問われる命運をかけた12時間を乗り越えようとする。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

製作編集

2014年10月6日、ジェームズ・デモナコは第3作目の製作を発表し、プロデューサーのマイケル・ベイジェイソン・ブラムアンドリュー・フォーム英語版ブラッドリー・フラー英語版も引き続き参加することになった[3]。2015年8月3日にフランク・グリロが引き続き主演を務めることが発表され[4]、9月10日にはエドウィン・ホッジカイル・セコージョセフ・ジュリアン・ソリアミケルティ・ウィリアムソンエリザベス・ミッチェルの出演が発表された[5]

2015年9月16日からロードアイランド州プロビデンスウーンソケットで撮影が始まり、いくつかのシーンはワシントンD.C.で撮影された[6][7]。ウィーンソケットの主要通りでは近未来のワシントンD.C.のシーンが撮影された[8]

興行収入編集

北米では『BFG: ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』『ターザン:REBORN』と同日公開となり、公開週末の興行収入は2,500万ドルを記録すると予想された[9]。プレミア上映では360万ドルの収益を挙げ、前2作品の記録(第1作:340万ドル、第2作:260万ドル)を上回った[10]。公開週末の興行収入は3,140万ドルを記録し、4日間の合計で3,480万ドルの収益を挙げている[11]

評価編集

Rotten Tomatoesには141件のレビューが寄せられ、支持率55%、平均評価5.4/10となっており、「特に微妙ではないが、やはり強力なインパクトと時機を得たテーマの融合は、劇的な効果をもたらした」と批評されている[12]Metacriticでは31件の批評に基き55/100のスコアを与え[13]CinemaScore英語版では「B+」評価となっている[14]

続編編集

2017年2月27日、ジェームズ・デモナコは第4作目の製作を開始すると発表した[15]。また、デモナコはパージ制度がなぜ成立したかを描き出す前日譚を製作する計画があるとも述べている[16]

出典編集

  1. ^ 「パージ:大統領令」4月14日公開決定!最新作では大統領候補が狂気の市民の標的に”. 映画.com (2017年3月10日). 2017年3月18日閲覧。
  2. ^ a b c The Purge:Election Year”. 2017年3月18日閲覧。
  3. ^ Fleming Jr, Mike (2014年10月6日). “‘The Purge’ Scares Up Third Film With Director James DeMonaco”. deadline.com. http://deadline.com/2014/10/the-purge-sequel-james-demonaco-blumhouse-846718/ 2014年10月7日閲覧。 
  4. ^ Kroll, Justin (2015年8月3日). “Frank Grillo to Return for 'Purge 3' (EXCLUSIVE)”. variety.com. http://variety.com/2015/film/news/frank-grillo-purge-3-return-1201555530/ 2015年8月4日閲覧。 
  5. ^ Hipes, Patrick (2015年9月10日). “‘Purge 3’ Castings: Universal/Blumhouse Pic Gears Up With Additions”. deadline.com. http://deadline.com/2015/09/purge-3-cast-mykelti-williamson-elizabeth-mitchell-edwin-hodge-kyle-secor-1201521065/ 2015年9月12日閲覧。 
  6. ^ Smith, Andy (2015年9月10日). “Movie 'The Purge 3' to film in R.I.”. providencejournal.com. http://www.providencejournal.com/article/20150910/NEWS/150919909 2015年9月19日閲覧。 
  7. ^ “Filming for 'Purge 3' begins in Woonsocket”. valleybreeze.com. (2015年9月16日). http://www.valleybreeze.com/2015-09-16/woonsocket-north-smithfield/filming-purge-3-begins-woonsocket#.Vft2S9-qqko 2015年9月18日閲覧。 
  8. ^ Heim, R.J. (2015年9月17日). “'Purge 3' begins shooting in Rhode Island”. turnto10.com. http://www.turnto10.com/story/30049210/purge-3-begins-shooting-in-rhode-island 2015年9月18日閲覧。 
  9. ^ Brent Lang (2016年6月16日). “‘The BFG,’ ‘The Legend of Tarzan’ Failing to Generate Much Box Office Heat”. Variety. 2016年6月23日閲覧。
  10. ^ McNary, Dave (2016年7月1日). “Box Office: ‘The Purge 3’ Expunges ‘Legend of Tarzan,’ ‘The BFG’ on Thursday Night” (英語). 2016年7月1日閲覧。
  11. ^ Box Office Mojo”. www.boxofficemojo.com. 2016年7月3日閲覧。
  12. ^ The Purge: Election Year (2016)”. Rotten Tomatoes. 2016年7月13日閲覧。
  13. ^ The Purge: Election Year reviews”. Metacritic. 2016年7月13日閲覧。
  14. ^ CinemaScore”. cinemascore.com. 2017年11月3日閲覧。
  15. ^ New 'Purge' Movie Gets Summer 2018 Release Date”. 2017年4月25日閲覧。
  16. ^ This Is What The Purge 4 Will Be About”. 2017年4月25日閲覧。

外部リンク編集