パーツモデルとは手や足、目などの一部分だけの美しさを特徴として用いられるモデルのこと。主に、広告モデルなど。ヘアモデルは、髪型以外の顔立ちの美しさやバランスも含まれてくるので、原則としてパーツモデルにはあてはまらない。

概要編集

体全体を使うモデルと違い、手や足、目、背中など、体の一部のみをクロースアップして仕事を行う職業。仕事で使うパーツ部分に関して、日常生活においても管理が重要な事はモデルと同じである。

代表的なパーツ編集

  • 手 - 俗に手タレとも呼ばれる
  • 髪 - ヘアモデルを参照
  • 背中
  • 足、脚 - 俗に足タレとも呼ばれる

なお、日本で初めて「手タレ」と「足タレ」になったのは1965年のミス・ユニバース日本代表だった片山マリである[1]

著名なパーツモデル編集

出典編集

  1. ^ 「23年間のミス・ユニバース 美女の運命はいかに?」『週刊朝日』第79巻第20号、朝日新聞社、1974年5月3日、139-143頁。