メインメニューを開く

パーマストン子爵

首相外務大臣を歴任した第3代パーマストン子爵ヘンリー・ジョン・テンプル(1863年)

パーマストン子爵英語: Viscount Palmerston [ˈpɑːmərstən])は、アイルランド貴族子爵位。

18世紀から19世紀にかけてテンプル家が3代にわたって保有した。

目次

歴史編集

テンプル家は11世紀マーシア伯爵英語版レオフリック英語版まで遡ることができるといわれる旧家であり[1]、イングランド中部レスターシャーに領地を持つイングランド貴族だったが、薔薇戦争で一度没落した[2]

テンプル家が再度名声を得たのは、16世紀に軍人・政治家・文人として活躍したサー・ウィリアム・テンプル英語版である[1]。彼の息子サー・ジョン・テンプルはピューリタン革命で議会側に付いたが、後に国王側に寝返ったため、1660年王政復古の際に枢密顧問官に列するとともにアイルランドに領地を持つようになった[1]

その息子のサー・ウィリアム・テンプルは近代随筆の先駆者、また外交官としてルイ14世の覇権に挑戦したことで名を馳せた[3]。彼はオランダ総督オラニエ公ウィレム3世(後のウィリアム3世)とヨーク公女メアリー(後のメアリー2世)の結婚を成立させ、後の名誉革命の伏線を作ることになった[1]

その弟ジョン英語版は、アイルランド議会の下院議長を務めた[1]

その子であるヘンリー英語版1723年2月9日に領地の名前に由来したアイルランド貴族爵位「カウンティ・オブ・ダブリンにおけるパーマストン子爵(Viscount Palmerston, in the county of Dublin)」と「カウンティ・オブ・スリゴにおけるマウント・テンプルのテンプル男爵(Baron Temple, of Mount Temple in the County of Sligo)」に叙されたのがパーマストン子爵位の始まりである[1][4][5]

この爵位は1757年6月10日に初代パーマストン子爵の孫にあたるヘンリー英語版に継承され[6]、ついで1802年4月17日に第2代子爵が死去すると、その長男であるヘンリー・ジョンが第3代パーマストン子爵位を継承した[7]。この第3代子爵は19世紀前半から中期にかけて首相外務大臣を務めたことで著名である。しかし彼には嫡出子ができなかったので、1865年10月18日の彼の死とともにパーマストン子爵位は絶えることとなった[8]

2代子爵の代にアイルランドの所領から上がっていた収入は7000ポンド程度であり、これは当時の基準で言えば中小規模の貴族だった[9]。しかし初代子爵はイングランド南部ハンプシャーロムジーにも邸宅と土地を購入し、この屋敷は後にヘンリー・ホランド設計の華麗なゴシック様式の邸宅に改築され評判になった[10]

パーマストン子爵位も従属爵位のマウント・テンプルのテンプル男爵位もアイルランド貴族であり、グレートブリテン貴族連合王国貴族の従属爵位は持っていなかったため、歴代パーマストン子爵はイギリス貴族院に議席をもたず、代わりに庶民院選挙に立候補することができた[11]

パーマストン子爵(1723年)編集

肖像 爵位の代数
名前
(生没年)
受爵期間 備考
初代パーマストン子爵
ヘンリー・テンプル英語版
(1673頃-1757)
1723年2月9日 - 1757年6月10日 庶民院議員(1727-1747)
第2代パーマストン子爵
ヘンリー・テンプル英語版
(1739-1802)
1757年6月10日 - 1802年4月17日 庶民院議員(1762-1800)
  第3代パーマストン子爵
ヘンリー・ジョン・テンプル
(1784-1865)
1802年4月17日 - 1865年10月18日 庶民院議員(1807-1835、1835-1866)
外相(1830-1834、1835-1841、1846-1851)
首相(1855-1858、1859-1865)

系図編集

 
 
ピーター・テンプル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンソニー・テンプル
 
ジョン・テンプル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウィリアム・テンプル英語版
(1555-1627)
 
初代準男爵
トマス・テンプル
英語版

(1567-1637)
 
アレグザンダー・テンプル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コバム子爵家
ストーのテンプル伯爵家
シャンドス子爵家
キンロス卿家
 
 
 
 
 
ジョン・テンプル英語版
(1600-1677)
 
 
 
 
 
ジェイムズ・テンプル英語版
(1606-1680)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1666年準男爵
 
 
 
 
初代準男爵
ウィリアム・テンプル

(1628-1699)
 
ジョン・テンプル英語版
(1632-1705)
 
準男爵位廃絶
 
 
 
 
 
 
 
 
1723年パーマストン子爵
 
 
 
 
 
初代パーマストン子爵
ヘンリー・テンプル
英語版

(1673-1757)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テンプル卿
ヘンリー・テンプル
(-1740)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2代パーマストン子爵
ヘンリー・テンプル
英語版

(1739-1802)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3代パーマストン子爵
ヘンリー・ジョン・テンプル

(1784-1865)
 
 
 
 
 
パーマストン子爵廃絶
 

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f 君塚(2006) p.13
  2. ^ 中西(1997) p.81-82
  3. ^ 中西(1997) p.81
  4. ^ The London Gazette: no. 6136. p. 1. 1723年2月5日
  5. ^ Heraldic Media Limited. “Palmerston, Viscount (I, 1723 - 1865)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2017年9月14日閲覧。
  6. ^ "Palmerston, Henry (Temple), Viscount (PLMN757HT)". A Cambridge Alumni Database. University of Cambridge. 
  7. ^ 君塚(2006) p.16
  8. ^ 君塚(2006) p.23
  9. ^ 君塚(2006) p.13-14
  10. ^ 君塚(2006) p.14
  11. ^ 君塚(2006) p.18

参考文献編集

関連項目編集