パーマストン島(パーマストンとう、: Palmerston Island)は南太平洋にあるニュージーランドクック諸島にある環礁島。

パーマストン島

幅11km、面積2.6Km2で30の環礁で結成している島。

人口は約52人で島ではコプラの栽培が行っている。

1774年イギリスジェームズ・クック船長により発見され、1777年に初めて島に上陸した。無人島だったが、1863年にイギリスの宣教師ウイリアム・マスター卿が3人のポリネシア人の妻を連れて、マヌアエ島からパーマストン島に移り住んだ。マスター卿は1899年に79歳に亡くなるが、現在、島の約52人の住民は、すべてマスター卿の子孫である。