パーム島 (西沙諸島)

パーム島英語: Palm Island[1][2]中国語: 広金岛ベトナム語: Đảo Quang Hoà Tây / 島光和西)は、西沙諸島(パラセル諸島)南西部のクレスセント諸島英語: Crescent Group中国語: 永楽環礁)の南部に位置するのひとつである。

パーム島
外交紛争のある島
現地名: 英語: Palm Island
中国語: 広金岛
ベトナム語: Đảo Quang Hoà Tây / 島光和西
地理
パーム島 (西沙諸島)の位置(南シナ海内)
パーム島 (西沙諸島)
所在地 南シナ海
座標 北緯16度27分00秒 東経112度42分00秒 / 北緯16.45000度 東経112.70000度 / 16.45000; 112.70000座標: 北緯16度27分00秒 東経112度42分00秒 / 北緯16.45000度 東経112.70000度 / 16.45000; 112.70000
所属群島 西沙諸島(パラセル諸島)
実効支配
 中国
海南省
地級市 三沙市
領有権主張
 中華民国
 ベトナム
パーム島 (西沙諸島)の位置(南シナ海内)
パーム島 (西沙諸島)
パーム島

地理編集

ダンカン島の付属島で、ダンカン島から西へ370メートル離れているがで繋がれている。面積は0.06平方キロメートル。島は形状が三角形であるが、東端に突き出る角がある。

名称編集

中国語の広金島という名称は、1909年が西沙諸島を調査した際に、水師提督李準が乗船した軍艦「広金号」に因んで名付けられた[3]。しかし、広金号はこの調査に参加しなかったとする研究もある[4]

領有編集

この島は中華人民共和国実効支配されており、海南省三沙市に組み込まれている。2016年8月に撮影された写真では、橋でつながるダンカン島との間が浚渫され港湾施設が整備されていることが確認されている[1][2]。一方、中華民国台湾)とベトナムも主権を主張している[5]

脚注編集