メインメニューを開く

パールケードの戦い(パールケードのたたかい、マラーティー語:पालखेडची लढाई, 英語:Battle of Palkhed) は、1728年2月28日インドナーシク近郊パールケードにおいて、マラーター王国ニザーム王国との間で行われた戦い。

パールケードの戦い
1728年2月28日
場所インドナーシク近郊パールケード
結果 マラーター王国の勝利
衝突した勢力
Flag of the Maratha Empire.svgマラーター王国 Asafia flag of Hyderabad State.pngニザーム王国
指揮官
Flag of the Maratha Empire.svgバージー・ラーオ Asafia flag of Hyderabad State.pngカマルッディーン・ハーン
戦力
不明 不明

戦闘に至る経緯編集

1724年ムガル帝国の宰相カマルッディーン・ハーンが独立し、デカン地方ニザーム王国を樹立すると、翌年に彼は帝国からデカン6州の権利を認められた。

ところが、1718年7月マラーター王国はムガル帝国領のデカン6州に関して、チャウタおよびサルデーシュムキーを帝国に認められていたため、ニザーム王国との対立が始まった[1]

1727年初頭、マラーター王国宰相バージー・ラーオ南インドカルナータカ地方に遠征中、ニザーム王国が彼に敵対するマラーターの武将らとともに攻め込んできた[1]。同年4月にバージー・ラーオもカルナータカ遠征を終え[2]、ニザーム王国の軍と対峙するために本国へと戻った。

戦闘とその後の経過編集

1728年2月、ニザーム王国の軍にプネー及びその周辺の地域を占領され、マラーター王シャーフープランダル城へと逃げた[1][2]。それと同時にバージー・ラーオはカルナータカ地方遠征から帰還し、ニザームの軍を迎撃した。

かくして、同月28日マラーター軍とニザーム軍はナーシク近郊の村パールケードで激突した。戦いはマラーター軍の勝利に終わり、ニザームの軍勢はこれに屈服した。 この勝利により、バージー・ラーオは対立するマラーター諸将を排することに成功し、王国の実権を掌握した[3]

同年3月6日、マラーター王国とニザーム王国との間に講和が結ばれた[3]。これにより、マラーターはデカンにおけるチャウタとサルデーシュムキーをニザームに認めさせた[3]

次にマラーターとニザームが激突するのは約10年後の1737年12月ボーパールの戦いである。

脚注編集

  1. ^ a b c 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.214
  2. ^ a b 辛島『世界歴史大系 南アジア史3―南インド―』年表、p.38
  3. ^ a b c Maratha Chronicles Peshwas (Part 2) Glory of the Peshwas

参考文献編集

  • 小谷汪之 『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』 山川出版社、2007年。 
  • 辛島昇 『世界歴史大系 南アジア史3―南インド―』 山川出版社、2007年。 

関連項目編集