メインメニューを開く

パール」は2000年7月12日に発売されたTHE YELLOW MONKEY22枚目のシングル。発売元はBMGファンハウス

パール
THE YELLOW MONKEYシングル
初出アルバム『8
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル BMGファンハウス
プロデュース 吉井和哉
チャート最高順位
THE YELLOW MONKEY シングル 年表
SHOCK HEARTS
2000年
パール
(2000年)
BRILLIANT WORLD
(2000年)
ミュージックビデオ
パール - YouTube
テンプレートを表示

目次

解説編集

  • 8thアルバム『8』の先行シングルとして、2週間前にリリース。3作連続のコラボレーションシングルを経て、吉井和哉のセルフプロデュースで製作された。
  • 曲名のパールとは「悔し泣きで流れる涙」を表現している[1]
  • 二人称の「君」とは、「JAM」(1996年)のヒットに功績を残し2000年3月18日に急逝した友人で元・プロモーション担当の中原繁である[2]
  • 吉井にとっては特別な思い入れがあり、「『JAM』のマジックがもう一度起こるようにと願いながら作った」と語っている。また、「今年のイエローモンキーの中で、圧倒的に俺はいいなあと。ロック・バンドとしてのイエローモンキーをもう一回ストレートに叩きつけた感じがあって。(ポップス仕様の)『BRILLIANT WORLD』と非常に対になる曲だなと」[3]、「すごく簡単な曲をいかにイエローモンキー風にするかっていうのがテーマだった。ロックに目覚めた若い頃を思い出して作った」と語っている[4]。こういった経緯もあり、解散後にメンバーが選曲した『MOTHER OF ALL THE BEST』には、2000年代にリリースされたシングルの中で唯一収録された。

中原繁について編集

日本コロムビア・トライアドレーベルのプロモーター中原繁は吉井和哉と同じ年である[5]。中原は大学卒業後、コロムビアに入社し、アルバイト社員として勤務した後、2ndアルバム『EXPERIENCE MOVIE』(1993年リリース時、吉井和哉26歳)頃から正社員としてTHE YELLOW MONKEYの専属勤務となる[5]。中原は「リンダリンダ」を熱唱するパンクロック好きでありTHE YELLOW MONKEYの芸術世界とは隔たりがあったが次第に意気投合した[5]。吉井がパーソナリティを務める深夜のラジオ番組『MIDNIGHT ROCK CITY』放送の頃は仕事の後に朝まで語り合う日々で、吉井には夢の足音が聴こえたようである[5]。中原はコロムビアがシングルリリースに難色を示していた「JAM」[6]を「絶対売ってやるよ!」と言って成功に導いた[5]

THE YELLOW MONKEYがコロムビアを離れることになった際には、THE YELLOW MONKEYが所属するマネージメント事務所で一緒にどうかとバンドから打診されたが、「親である」会社を裏切るわけにはいかずコロムビアに残り、ミッシェル・ガン・エレファントを成功させた[5]。2000年3月18日、中原は担当の新人アーティストがゲスト出演するアマチュアバンドコンテストの最中に大動脈瘤破裂で死亡[5]。過労、ストレス、暴飲暴食が中原を急死に追いやった[5]。この日、THE YELLOW MONKEYは解散について話し合っていた[5]。訃報を聞いたTHE YELLOW MONKEYは解散を考え直し、休止期間に入ることになった[5]。「パール」で、中原に「どうしよう?」と語り掛けるような詞を吉井は書いた[2]。2001年からの休止の後、THE YELLOW MONKEYは2004年の解散を免れ得なかった。

収録曲編集

  1. パール
    (作詞・作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)
    NTV系劇空間プロ野球」2000年8・9月度と日本シリーズ第4戦イメージソング。演奏時間は3分44秒と、シングル曲の中では最も短い。2013年に行われたファン投票で15位を獲得し、『イエモン-FAN'S BEST SELECTION-』に収録された。
  2. STONE BUTTERFLY
    (作詞・作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY・THE SAINT)
  3. サイキック No.9(Live)
    (作詞・作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)
    ライブで先行披露されたテイクを収録。『8』には原曲が収録されている。
  4. パール(Karaoke)
    (作曲:吉井和哉 / 編曲:THE YELLOW MONKEY)

収録アルバム編集

#1

#2

  • 『8』(2000年7月26日)

#3

  • 『MOTHER OF ALL THE BEST』(2004年12月8日)※初回版DISC3

参考文献・出典編集

  1. ^ 速報!歌の大辞テン』(2000年7月19日放送)
  2. ^ a b 『bridge』2007年5月号
  3. ^ 「BURN」吉井和哉・その後の2万字インタビュー
  4. ^ 8・バンドスコア「メンバーによる各曲別アドバイス」
  5. ^ a b c d e f g h i j THE YELLOW MONKEY解散後に行われた展示会・フィルムコンサート『メカラウロコ・15』の会場に展示された吉井和哉による銘文「中原 繁」から。
  6. ^ 森朋之 (2013年7月31日), 徹底座談会で明かされる真実とそれぞれの1曲: さまざまなストーリーを生んだ「JAM」, ナタリー, http://natalie.mu/music/pp/theyellowmonkey03/page/4 

外部リンク編集