パーヴォ・ベルグルンド

パーヴォ・ベルグルンドPaavo Allan Engelbert Berglund, 1929年4月14日 - 2012年1月25日)はフィンランド指揮者。3度の交響曲全集を完成させるなどシベリウスのスペシャリストとして世界的に有名。スウェーデン語風のベルィルンドベリルンドといった呼び方もある。エストニア出身の指揮者パーヴォ・ヤルヴィの名親である。

パーヴォ・ベルグルンド
Paavo Berglund
Paavo-Berglund-1960s.jpg
基本情報
生誕 1929年4月14日
出身地  フィンランド
ウーシマー州 ヘルシンキ
死没 (2012-01-25) 2012年1月25日(82歳没)
 フィンランド
ウーシマー県 ヘルシンキ
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者
ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

略歴編集

ヘルシンキ出身。1949年ヴァイオリニストとしてフィンランド放送交響楽団に入団。1952年にヘルシンキ室内管弦楽団の創設者に名を連ねる。1962年から1972年までフィンランド放送交響楽団首席指揮者に就任し、1965年にはボーンマス交響楽団シベリウス生誕100周年記念演奏会を行う。1972年にボーンマス交響楽団首席指揮者に就任後、1975年ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督に就任している。指揮棒を左手で持つことで有名だった。 2012年1月25日、病気のため死去[1]。82歳没。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Kapellimestari Paavo Berglund on kuollut Helsingin Sanomat 2012年1月27日閲覧
先代
コンスタンティン・シルヴェストリ
ボーンマス交響楽団
音楽監督
1972 - 1979
次代
ウリエル・セガル
先代
ユーリ・アーロノヴィチ
ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団
首席指揮者
1987 - 1991
次代
ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー