メインメニューを開く

ヒア・カムズ・ザ・サン」(Here Comes the Sun)は、ジョージ・ハリスン作のフォーク・ロック・バラード。1969年に発表されたビートルズのアルバム『アビイ・ロード』に収録された。「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」や「サムシング」と並ぶ、ジョージ作の傑作ナンバーである。

ヒア・カムズ・ザ・サン
ビートルズ楽曲
収録アルバム アビイ・ロード
リリース 1969年9月26日
録音 アビー・ロード・スタジオ
1969年7月7日 - 8月19日
ジャンル フォークロック
ポップ・ロック
時間 3分05秒
レーベル アップル・レコードEMI
作詞者 ジョージ・ハリスン
プロデュース

ジョージ・マーティン

ビートルズ 日本 年表
レット・イット・ビー
b/w
ユー・ノウ・マイ・ネーム
(1970年)
ヒア・カムズ・ザ・サン
b/w
オー!ダーリン
(1970年)
ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
b/w
フォー・ユー・ブルー
(1970年)

アビイ・ロード 収録曲
A面
  1. カム・トゥゲザー
  2. サムシング
  3. マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー
  4. オー!ダーリン
  5. オクトパスズ・ガーデン
  6. アイ・ウォント・ユー
B面
  1. ヒア・カムズ・ザ・サン
  2. ビコーズ
  3. ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー
  4. サン・キング
  5. ミーン・ミスター・マスタード
  6. ポリシーン・パン
  7. シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー
  8. ゴールデン・スランバーズ
  9. キャリー・ザット・ウェイト
  10. ジ・エンド
  11. ハー・マジェスティー

解説編集

この曲は、アップルでの打ち合わせに疲れていたジョージが、そこを抜け出して親友のエリック・クラプトンの家へ遊びに出掛けた際、その年初めての春らしい日差しを感じていたら自然に歌詞とメロディラインが生まれ、エリックのアコースティック・ギターを使用して庭を歩きまわりながら作ったとされている[1]。内容は、長かった冬に別れを告げ、春が来たことを歓迎するというものだが、この内容が季節を大事にする日本で大いに受け、1970年に日本・ポルトガルアンゴラでシングル「オー!ダーリン」のB面曲としてシングル・カットされた[2]

ジョージはこのアルバムで当時は珍しかったモーグ・シンセサイザーを演奏披露した。次曲の「ビコーズ」と共にモーグ・シンセサイザーの特徴が生かされた曲といえる。元の音源より少しテープ速度を上げて、曲も短くしている。なお、ジョン・レノンは自動車事故の影響により、演奏に参加していない[3][4]

ジョージは、ダーク・ホース(日本ではワーナー・パイオニア)移籍第2弾アルバム『慈愛の輝き』(1979年発表)で、アンサー・ソング「ヒア・カムズ・ザ・ムーン」を収録している。

また、ボイジャーのゴールデンレコードに収録される予定であったが、EMIが許可を出さなかった[5]

演奏編集

主なカバー・バージョン編集

その他編集

  • 日本の幼児番組『ひらけ!ポンキッキ』(フジテレビ系)のBGMに、この曲の旋律が一部用いられていた。
  • エマーソン・フィッティパルディを称える歌として、セルフ・カヴァー(替歌)を披露していた。
  • 2001年12月に行われた『Act Against Aids2001 桑田佳祐・クワガタムシVSカブトムシ』では、開催直前にジョージ・ハリスンが亡くなったため、桑田が「天国のジョージに黙祷。」と言った後にこの曲をワンフレーズ流して黙祷を捧げた。
  • 年越しフェスティバル『COUNTDOWN JAPAN』のエンディングでは、初日の出にかけて毎年流されている。
  • ペーテルブレイナーがこの曲をバロック風に編曲している。
  • 1980年代~90年代にかけて、テレビ宮崎(UMK)の番宣番組『UMKハイライト』のオープニングで、この曲の一部が用いられていた。

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ Harrison, George (2002) [1980]. I, Me, Mine. San Francisco, CA: Chronicle Books. p. 144. ISBN 978-0-8118-5900-4. 
  2. ^ Womack, Kenneth (2014). The Beatles Encyclopedia: Everything Fab Four. Santa Barbara, CA: ABC-CLIO. p. 385, 690. ISBN 978-0-3133-9171-2. 
  3. ^ a b MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). p. 356. ISBN 1-84413-828-3. 
  4. ^ Miles, Barry (2001). The Beatles Diary Volume 1: The Beatles Years. London: Omnibus Press. p. 347. ISBN 0-7119-8308-9. 
  5. ^ Klosterman, Chuck (2016-05-23). “Which Rock Star Will Historians of the Future Remember?”. The New York Times Magazine. https://www.nytimes.com/2016/05/29/magazine/which-rock-star-will-historians-of-the-future-remember.html 2018年10月14日閲覧。. 
  6. ^ Winn, John C. (2009). That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966–1970. New York, NY: Three Rivers Press. p. 317. ISBN 978-0-307-45239-9. 
  7. ^ 40 Years Ago: George Harrison Tries to Collect from Lorne Michaels on 'SNL'

外部リンク編集