ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア

ビートルズ > 作品リスト > ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア
ビートルズ > 曲名リスト > ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア

ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア」(Here, There and Everywhere)は、ビートルズの楽曲である。1966年に発売された7作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『リボルバー』に収録された。レノン=マッカートニー名義となっているが、ポール・マッカートニーによって書かれたラヴ・バラード[4][5]。作者であるマッカートニー自身のお気に入りの楽曲の1つとなっており、2000年に『モジョ』誌が発表した「100 Greatest Songs Of All Time」では第4位にランクインした[6]

ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア
ビートルズ楽曲
収録アルバムリボルバー
英語名Here, There and Everywhere
リリース1966年8月5日
録音
ジャンル
時間2分25秒
レーベルパーロフォン
作詞者レノン=マッカートニー
作曲者レノン=マッカートニー
プロデュースジョージ・マーティン
リボルバー 収録曲
ラヴ・ユー・トゥ
(A-4)
ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア
(A-5)
イエロー・サブマリン
(A-6)

「ヒア・ゼア・アンド・エブリホエア」は、アルバム『リボルバー』のためのセッションの終盤にレコーディングが行われた楽曲で、直近に行なわれたザ・ビーチ・ボーイズのアルバム『ペット・サウンズ』のリスニングパーティーに参加したマッカートニーは、ブライアン・ウィルソン作の「神のみぞ知る」からインスピレーションを得て作曲した。

背景編集

ポール・マッカートニーは、本作のインスピレーションの源として、ブライアン・ウィルソン作の「神のみぞ知る」を挙げている[7]。この楽曲は、ザ・ビーチ・ボーイズが1966年に発売したアルバム『ペット・サウンズ』に収録された楽曲[8][9]で、同作が収録された『ペット・サウンズ』はビートルズが1965年に発売したアルバム『ラバー・ソウル』に影響を受けて制作されたアルバムだった[10]。マッカートニーとジョン・レノンは、1966年5月18日にザ・ウォルドーフ・ヒルトン・ロンドンで行なわれたビーチ・ボーイズのアルバム『ペット・サウンズ』のプライベート・リスニング・パーティに出席した[11]

1990年にマッカートニーは、ザ・ビーチ・ボーイズの伝記作家であるデヴィッド・リーフ英語版との対談で、本作の冒頭におけるマッカートニーとレノンが考えたハーモニーについて、「ザ・ビーチ・ボーイズから影響を受けたのは、ちょうどこの冒頭の部分だ」と語っている[12]

マッカートニーは、1966年6月初旬にウェイブリッジにあるレノンの自宅で、眠っているレノンが目を覚ますのを待っている間に「ヒア・ゼア・アンド・エブリホエア」を書き始めた[12]。マッカートニーは「僕はギターを持ってプールの側に置いてあったサンチェアに座って、Eコードをかき鳴らし始めた。そしてすぐにいくつかのコードが浮かんで、ジョンが目を覚ますまでにある程度書き上げていたから、部屋に持ち込んで仕上げにかかったよ」と振り返っている[13]

レコーディング編集

「ヒア・ゼア・アンド・エブリホエア」は、EMIレコーディング・スタジオで行なわれたアルバム『リボルバー』のレコーディング・セッションの終盤に録音された楽曲[14]で、6月14日、16日、17日の3回のセッションで取り組まれた[15]。ベーシック・トラックを13テイク録音した後、オーバー・ダビングが施された[16]

本作はマッカートニー、レノン、ジョージ・ハリスンが3回のセッションの大半を費やして仕上げたハーモニーが特徴となっていて[1]、前述のザ・ビーチ・ボーイズからの影響だけでなく、マリアンヌ・フェイスフルの歌唱法も取り入れられている[4]。本作におけるマッカートニーのリード・ボーカルは、マルチトラック録音英語版したもの[17]。曲の最後には管楽器を思わせる音色が含まれているが、このほかにレスリースピーカーを通してマンドリンのような音色に変えたリードギターのパートも試された[15]

1996年に発売されたシングル『リアル・ラヴ』には、テイク7と13を組み合わせた音源が収録された[18]

リリース・評価編集

1966年8月に『リボルバー』が発売され、「ヒア・ゼア・アンド・エブリホエア」はハリスン作のインド音楽の様式が取り入れられた「ラヴ・ユー・トゥ」と、童歌の「イエロー・サブマリン」の間の5曲目に収録された[19]。音楽評論家のティム・ライリー英語版は、アルバムにおける曲順について、「『ヒア・ゼア・アンド・エブリホエア』が、『ラヴ・ユー・トゥ』の持つエロティシズムを“飼い慣し”ている」とし、「マッカートニーがこれまでに作曲した中で最も完璧な曲」として称賛している[20]。『オールミュージック』のリッチー・アンターバーガー英語版は、本作について「『ラブ・バラード』というジャンルへの傑出した貢献」とし、「演奏の繊細さが雅で、官能的なイメージがより明確で、欲望と充実感が具体的に表現されている」と評している[21]

音楽評論家のイアン・マクドナルド英語版は、本作における「音楽の創意工夫」を称賛する一方で、「ソフトフォーカスの魅力のために、曲全体が安っぽくてかなり陰気」と評している[15]。ジェームス・ペローネは「シニア・プロムのバンドのセットリストに入っていそうな、1960年代半ばのラブ・バラード」とし、「リスナーにとっては『甘ったるく、感傷的すぎる』ように思える」と評している[22]。『コンシークエンス・オブ・サウンド英語版』のクリス・コプランは、アルバム『リボルバー』における「一見場違いな曲」として本作と「ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ」の2曲を挙げている[23]

作者であるマッカートニー自身は、お気に入りの楽曲として本作を「最高傑作のひとつ」として挙げており[4]、プロデューサーのジョージ・マーティンも本作をお気に入りの楽曲として挙げている。また、レノンは曲が完成した際にマッカートニーに対して「本当に素晴らしい曲だ。大好きな曲だよ」と伝えており[24]、1980年の『プレイボーイ』誌のインタビューでも「ビートルズの曲の中で僕のお気に入りの1つ」と語っている[5]

2000年に『モジョ』誌が発表した「100 Greatest Songs Of All Time」では第4位[6]、2004年に『ローリング・ストーン』誌が発表した「100 Greatest Beatles Songs」の第25位にランクインした[13]

マッカートニーは、1984年に公開された映画『ヤァ!ブロード・ストリート英語版』のサウンドトラックとして再録音した。この時に録音された演奏は、同作のサウンドトラック・アルバムに収録されている[25]。その後、1991年の「Unplugged Tour」、1993年の「New World Tour」、2002年の「Driving World Tour」、2003年の「Back in the World Tour」などのコンサート・ツアーで演奏されており、『公式海賊盤』(1991年)、『ポール・イズ・ライブ』(1993年)、『バック・イン・ザ・U.S. -ライブ2002』(2002年)、『バック・イン・ザ・ワールド』(2003年)などのライブ・アルバムにライブ音源が収録されている[25]

クレジット編集

※出典[17]

カバー、文化的影響など編集

オールミュージックリッチー・アンターバーガー英語版は、「最も有名なカバー・バージョン」としてエミルー・ハリスによるカバー・バージョンを挙げている[21]。エミルー・ハリスによるカバー・バージョンは、1975年に発売されたアルバム『エリート・ホテル』に収録された[27]後にシングル・カットされ、翌年のBillboard Hot 100では最高位65位[28]アダルト・コンテンポラリー・チャートで最高位13位を記録した[29]。この他にも、ビージー・アデール[30]クレイ・エイケンデイヴィッド・ベノワジョージ・ベンソン[30]ジーナ・ジェフィリーズ英語版ピーター・ブラインホルト英語版ペトゥラ・クラークペリー・コモカウント・ベイシー楽団英語版[30]ダレン・デイ英語版ジョン・デンバーロミナ・パワーセリーヌ・ディオン[30]アリク・アインシュタインマット・モンロー英語版ホセ・フェリシアーノ(インストゥルメンタル)[30]ザ・フォーモストジェリー・ガルシア&マール・サンダース英語版(インストゥルメンタル)[31]ボビー・ジェントリー英語版ステファン・グラッペリー[30]オーフラ・ハーノイ[30]フライング・ピケッツ英語版ジェイ・アンド・ジ・アメリカンズ英語版レターメンロックスリーケニー・ロギンス[30]クロディーヌ・ロンジェジョン・マクダーモット英語版カーメン・マクレエ[30]オリビア・オンジョージ・シアリング[30]シンガーズ・アンリミテッドシセルイェラン・セルシェル[30]マリーナ・ヴェレニキナ英語版ホセ・マリ・チャン英語版カミロ・セスト英語版ジョン・ウィリアムズ(インストゥルメンタル)、アンディ・ウィリアムスデヴィッド・ギルモアウンベルト・トッツィ英語版ブールー&エリオス・フェレ英語版(インストゥルメンタル)らによってカバーされた[32]。日本でも坂本真綾[33]深町純[34]山下和仁キャンディーズMi-Keらによってカバーされた。

シャドウズブルース・ウェルチは自伝の中で、マッカートニーがビートルズの楽曲としてレコーディングする前に、シャドウズのリードギタリストであるハンク・マーヴィンに本作を提供したことを明かした[35]。その後、マーヴィンは2007年に発売したアルバム『Guitar Man』でインストゥルメンタルとしてカバーした[36]

アメリカのテレビ局NBCで放送されたシチュエーション・コメディ『フレンズ』の結婚式のシーンで、本作がスティールパンで演奏された。日本では日産・サニー(B12型)のCMソングとして使用された[37]

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b Pollack 1994.
  2. ^ Moorefield 2005, p. 35.
  3. ^ Williams, Stereo (2016年8月5日). “The Beatles' 'Revolver' Turns 50: A Psychedelic Masterpiece That Rewrote the Rules of Rock”. The Daily Beast. https://www.thedailybeast.com/articles/2016/08/05/the-beatles-revolver-turns-50-a-psychedelic-masterpiece-that-rewrote-the-rules-of-rock 2021年6月27日閲覧。 
  4. ^ a b c Miles 1997, pp. 285–286.
  5. ^ a b Sheff 2000, p. 179.
  6. ^ a b Mojo lists”. Rocklistmusic. 2020年11月15日閲覧。
  7. ^ Rodriguez 2012, p. 78.
  8. ^ MacDonald 1998, pp. 186, 380.
  9. ^ Fletcher, Tony (2000). Dear Boy. United States: Omnibus Press. ISBN 978-1-84449-807-9. https://books.google.com/books?id=2t1T3Jywu0MC&q=here+there+and+everywhere+pet+sounds&pg=PT278 
  10. ^ Van Luling, Todd (2016年5月17日). “The Beach Boys Finally Confirm Those Legends About 'Pet Sounds'”. HuffPost. https://www.huffingtonpost.com.au/entry/beach-boys-pet-sounds_n_5730fcd5e4b096e9f09258e4 2020年11月15日閲覧。 
  11. ^ Rodriguez 2012, pp. 77–78.
  12. ^ a b Turner 2016, p. 312.
  13. ^ a b 100 Greatest Beatles Songs: 25 - 'Here, There and Everywhere'”. Rolling Stone (2011年9月19日). 2020年11月15日閲覧。
  14. ^ Everett 1999, pp. 59–60.
  15. ^ a b c MacDonald 1998, p. 186.
  16. ^ a b Rodriguez 2012, p. 145.
  17. ^ a b MacDonald 2005, p. 210.
  18. ^ Everett 1999, p. 294.
  19. ^ Miles 2001, pp. 237–238.
  20. ^ Riley 1988, p. 187.
  21. ^ a b Unterberger, Richie. Here, There and Everywhere - The Beatles | Song Info - オールミュージック. 2020年11月15日閲覧。
  22. ^ Perone 2012, p. 85.
  23. ^ Coplan, Chris (2009年9月20日). “Album Review: The Beatles – Revolver [Remastered]”. Consequence of Sound. 2020年11月15日閲覧。
  24. ^ ポール・マッカートニー、ジョン・レノンがたった一度だけ褒めてくれた時の逸話を語る”. NME Japan. BandLab (2018年9月27日). 2020年11月15日閲覧。
  25. ^ a b Womack 2014, p. 387.
  26. ^ Everett 1999, p. 60.
  27. ^ Ankeny, Jason. Elite Hotel - Emmylou Harris | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年11月15日閲覧。
  28. ^ The Hot 100 Chart”. Billboard (1976年4月10日). 2020-111-15閲覧。
  29. ^ Emmylou Harris Chart History (Adult Contemporary)”. Billboard. 2020-111-15閲覧。
  30. ^ a b c d e f g h i j k Here, There, and Everywhere”. Cover Together (2009年). 2009年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月15日閲覧。
  31. ^ Jerry Garcia and Merl Saunders - Saturday, May 5, 1973”. The Jerry Site. 2011年7月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年11月15日閲覧。
  32. ^ Here, There and Everywhere - The Beatles | Cover Songs - オールミュージック. 2020年11月15日閲覧。
  33. ^ the id : [イド]”. 坂本真綾 Official web site [I.D.] (2002年11月6日). 2020年11月15日閲覧。
  34. ^ Discography 1972 [ Piano Solo / 深町 純 ]”. FUKAMACHI ism [深町純 Official Site]. 2021年2月3日閲覧。
  35. ^ Welch 1989.
  36. ^ Mawer, Sharon. Guitar Man - Hank Marvin | Songs, Reviews, Credits - オールミュージック. 2020年11月15日閲覧。
  37. ^ サニー CM情報”. 日産自動車. 2021年7月3日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集