メインメニューを開く

ヒカルタカイ

ヒカルタカイは、日本競走馬である。南関東公営競馬の初代三冠馬で、中央競馬に移籍後は天皇賞(春)宝塚記念を制した。リンボーの代表産駒である。

ヒカルタカイ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1964年4月9日
死没 1990年6月10日
リンボー
ホマレタカイ
母の父 ハクリヨウ
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 吉田勇
馬主 高井正子
→長山善健
→高井嘉輔
調教師 鏑木文一郎(大井
藤本冨良東京
競走成績
生涯成績 31戦15勝
テンプレートを表示

半妹タカイホーマ(父・スパニッシュイクスプレス)がいる。

目次

概要編集

馬齢は旧表記を用いる。

3歳となった1966年大井競馬場でデビューした。購買価格70万円と破格の安さで売られた事と、当初は脚部不安を抱えていた事もあり評価は高くなかったが、全日本三才優駿青雲賞優勝を含む7戦4勝を挙げた。因みに、2戦目では大井競馬場ダート1000mを1分00秒2というレコードタイムで勝利している。

4歳となった1967年は12戦7勝で黒潮盃南関東三冠競走羽田盃東京ダービー東京王冠賞を全て優勝し、三冠競走創設以来初となる三冠馬となった。この年の最終戦となった12月東京大賞典[注 1]は2着に終わったものの、その評価が下がる事は無く同年の公営日本一公営日本一最良の4歳馬を受賞している。

古馬となった1968年元日の新春盃(2着)を最後に中央競馬に移籍した。オープン競走を3戦連続2着で迎えた天皇賞(春)では2着馬タイヨウを2秒8差の大差(記録上は「大差」。馬身に換算すると17馬身[注 2]と推測される。着差の項目を参照)という八大競走史上最大の着差で優勝した。続く宝塚記念も2分14秒7のレコードタイムで優勝し、「雨天に助けられた圧勝」というイメージを払拭。この功績により同年の啓衆社賞最優秀古馬牡馬を受賞した。同年は6戦2勝。

9ヶ月休養後、1969年は脚部不安が祟ったのか6戦1勝に終わり、12月6日のオープン戦6着を最後に引退。引退後は種牡馬となったが、産駒報知オールスターカップを優勝したモブスターを出した程度に終わった。母の父としては桜花賞を優勝したダイアナソロンを出している。

本馬の競走能力について、天皇賞(春)・宝塚記念でコンビを組んだ野平祐二は「『強い』の一語に尽きる」と高い評価を与えている。

血統表編集

ヒカルタカイ血統マンノウォー系/ダイオライト4×4=12.50% (母内) ) (血統表の出典)

*リンボー Limbo
1949
父の父
War Admiral
1917 栗毛
Man o'War Fair Play
Mahubah
Brushup Sweep
Annette K.
父の母
Boojie
1943
Boojum John P Grier
Elf
Foxiana Stefan the Great
Istar

ホマレタカイ
1960 鹿毛
ハクリヨウ
1950 鹿毛
*プリメロ
Primero
Blandford
Athasi
第四バツカナムビューチー *ダイオライト
バツカナムビューチー
母の母
シマノオー
1953 鹿毛
クモハタ *トウルヌソル
*星旗
昇正 *ダイオライト
*種正 F-No.5-h

父リンボーについて編集

リンボーは1949年アメリカ産。もとは種牡馬として父ウォーアドミラルマームードを繋養していたC・V・ホイットニー所有だったが、蹄に不安を生じたことからセリに出されていたのを渡米中の白井新平が2000ドルで買い求めた[1]。種牡馬として引退後は買い戻す契約で後楽園スタヂアム社長田邊宗英が所有し矢野幸夫厩舎からデビューすると[1]、6歳の1月にレース中故障を発症するまで23戦9勝、獲得賞金156万円の戦績を残している[2][注 3]。種牡馬としては青森の三浦牧場や門別の豊洋牧場で繋養され[1]、貴重なマンノウォー系種牡馬として道悪馬場とダートに定評があった[2]。ヒカルタカイ以外の代表産駒にコウライオー(日本経済新春杯京都盃神戸盃)やコクユウ(大井杯大井記念金盃平和賞)、タケデンボー(ダイオライト記念ゴールドカップ、平和賞)、マンノージヨウ(キヨフジ記念2着、イチコンコルドオウの母、ハシルショウグンの2代母)がいるほか、母の父としてアングロアラブシナノリンボー、天皇賞馬アイフルキシュウローレル阪神3歳ステークス)、タケデンファイター(北日本マイルチャンピオンシップ南部杯など)などを出している。

1967年3月に心臓麻痺で急死したが[1]、奇しくもこの年に最高傑作のヒカルタカイが南関東三冠を達成した。牝系は英国二冠馬ショットオーヴァーのうち、フリゼットを経ないラインにあたる。

注釈編集

  1. ^ 当時は3000mで行われていた南関東古馬最大の競走。
  2. ^ 18馬身とする向きもある。
  3. ^ 3戦目で12キロのハンデ差を活かし天皇賞ミツハタを破っているが、旧5歳時の目黒記念(秋)で8頭中8着など1線級には及ばなかった。

出典編集

  1. ^ a b c d e 白井新平「三歳種牡馬界を圧した――不運な馬リンボーの死」啓衆社『競週地方競馬』1967年4月号。
  2. ^ a b c 新川幸則・石川康夫著、大川慶次郎監修『'70 日本の血統』優駿社、150-151頁。

外部リンク編集