ヒキナ(ドイツ語: Hikinna, 900年代 - 940年代)はドイツ王コンラート1世の庶出の娘で、ヴォルムスガウ伯ヴェルナー5世の妻。赤公の名で知られるロートリンゲン大公コンラートの母。

ヒキナ・フォン・フランケン
Hikinna von Franken
ヴォルムスガウ伯爵妃
在位 920年頃‐936年

出生 900年代
フランケン
死去 940年代
不詳
結婚 920年
配偶者 ヴェルナー5世
子女 コンラート
家名 コンラディン家
父親 コンラート1世
テンプレートを表示

生涯編集

結婚編集

父が義理の異父兄にあたるアルヌルフ悪公との戦いで戦死したのちに、従兄ヴォルムスガウ伯ヴェルナー5世と結婚したとされる。

922年コンラートを生んだ。

夫の死後編集

936年に夫ヴェルナー5世が没すると息子コンラートが公位を継いだ。ヒキナはまだ幼い息子の補佐に尽力したという。その後、ヒキナは、40歳頃に亡くなったという。

死後編集

ヒキナの死後コンラートは神聖ローマ皇帝オットー1世の信頼を得て、オットー1世の娘リウトガルトと結婚した。そしてその子孫コンラート2世ザクセン朝の断絶後に神聖ローマ皇帝に即位してザーリアー朝を開いた。これによりのカール大帝およびコンラート1世の系統による皇帝位の世襲が復活した。