メインメニューを開く

ヒコ、比古、日子、毘古)は、男子人名の語尾に付けられる名称の一つ。古くは地域の男性首長や貴族を表す尊称、また原始的カバネの一つ。

古代の男子首長や貴族編集

3 - 6世紀にかけて地域の男性首長や貴族の尊称として使われた[1]魏志倭人伝に3世紀の対馬国および壱岐国の首長として卑狗(ヒコ)が見える[2]垂仁天皇紀二年条に伊都国の王、「イトツヒコ(伊都都比古)」が見える。他に伊賀彦伊勢津彦磐城彦など地名をおったヒコがしばしば見られるが、それぞれの地域の男子首長と考えられる。同じく首長の称号として3世紀から4世紀にかけて使われたミミおよびミと並立しているが、天孫天神系の英雄にはヒコ、地祇系の英雄にはネが多く使われている。ヒコの方はカバネ制度が確立した後の6世紀まで使われた。ただし、地方の首長ばかりでなく、身分の高い男子を表す尊称となった。こうした使い方は崇神天皇時代以降に現れる、仲彦、弟彦、清彦などである。

ヒメヒコ制編集

ヒコはヒメと対で使われる事がしばしば見られる。例えば、宇佐地方(豊国)にはウサツヒコとウサツヒメ、阿蘇地方にアソツヒコとアソツヒメ、芸都(きつ)地方(常陸国)にキツビコ とキツビメが見える。これはヒメヒコ制と呼ばれる古代日本社会の統治形態で、一地域に軍事的男性の長と祭祀的女性の長が共立して支配していたことを意味する[3]。古代社会や原住民社会、とりわけ恒常的戦闘状態の地域では男性集会所(メンズハウス)の展開と別居する女性(子供や老人を含む)集団の形成が見られる[4]。ヒメヒコ制はこうした社会状態の反映と考えられる。

ヒコ神社編集

神社に祭られる人物が軍事的英雄のため、神社名あるいは祭神によく見られる[5]。とりわけ北陸にヒコ神社が多い。延喜式神名帳にはヒコ(彦、比古、日子、孫、日古)神社が99あるが、その約半分の47が北陸道に見られる。北陸にはオオビコ(大彦)将軍の伝説があり、北陸の神社に祭られているヒコたちは「オオビコ」の総体あるいは後継と考えられる。ただし苅田比古神苅田比売神のように稲穂の神霊を人格神化したものや、姉倉比売命の伝説や祭神名から地方首長の神格化と考えた方が妥当であると思われるものがある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 溝口睦子「記紀神話解釈の一つのこころみ」『文学』1973-4年、太田亮『日本上代における社会組織の研究』443ページ、1921年
  2. ^ 卑狗は「ヒク」(おそらくは船を引く長)と呼ばれたが、のちに「ヒキ」(比垝、比跪)さらに「ヒコ」(彦)に転じたと思われる。大彦(オオヒコ)稲荷山古墳出土の鉄剣の銘文に「意富比垝(オオヒキ)」と記され、 千熊長彦(チクマナガヒコ)は百済記に「職麻那那加比跪(シマナナカヒキ) 」と記されている。
  3. ^ 高群逸枝『母系制の研究』359ページ
  4. ^ マックス・ウェーバー「支配の社会学」
  5. ^ 後世でも徳川家康東照宮乃木希典乃木神社東郷平八郎東郷神社などが知られている。

関連項目編集