メインメニューを開く

ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン

株式会社ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン(Hidaka Breeders Union)は、日本中央競馬会馬主登録をしているクラブ法人である。愛馬会法人「ユニオンオーナーズクラブ」より匿名組合契約に基づく競走馬現物出資を受けて、中央競馬などの競走に出走させている。

代表取締役編集

藤原悟郎(ふじわら ごろう)

歴史編集

1986年に日高地方を中心とした25の生産牧場が株主となって設立した。その後荻伏牧場、富岡喜平、鮫川牧場、武岡牧場、佐々木節哉、塚尾牧場、昭和牧場が抜け、宮内牧場が参加、現在の株主牧場は19となっている。

初年度募集馬の1頭サンドピアリス1989年エリザベス女王杯を最低人気で制しGI初制覇。

2011年6月5日阪神8Rで所有馬が1~3着を独占した(1着テキーラ、2着エルプレジデンテ、3着ジュヴェビアン)[1]。同一馬主による1~3着独占は2010年8月15日の新潟11Rで社台レースホースが記録して以来[2]

2018年4月15日皐月賞エポカドーロが制しクラシック初制覇。

株主牧場編集

服色編集

 
マンハッタンスカイ号とヒダカ・ブリーダーズ・ユニオンの勝負服

緑、赤襷、赤袖白一本輪

冠号編集

なし 馬名は会員からの公募。また募集時のいわゆる「幼名」は全て「ペガサス」と称し、語尾に番号を付ける。

主な所有馬編集

ユニオンオーナーズクラブ(愛馬会法人)編集

愛馬会法人の会員数は約5,000人。募集するサラブレッドは株主牧場を中心に、北海道・青森の牧場から提供を受けるほか、セレクションセールなどでも購入している。
会報『My Horse』は1988年1月創刊、誌名はクラブのキャッチフレーズ「マイホース イン マイ ポケット」から来ている。会員だけではなくホームページ等を通じて一般にも販売されている。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 2011年6月5日阪神8R
  2. ^ 同一馬主による1~3着独占
  3. ^ 牧場紹介 日高町 - ユニオンオーナーズクラブ、2019年11月28日閲覧
  4. ^ 牧場紹介 新ひだか町1 - ユニオンオーナーズクラブ、2019年11月28日閲覧
  5. ^ 牧場紹介 新ひだか町2 - ユニオンオーナーズクラブ、2019年11月28日閲覧
  6. ^ 牧場紹介 浦河町 - ユニオンオーナーズクラブ、2019年11月28日閲覧
  7. ^ 牧場紹介 様似町 - ユニオンオーナーズクラブ、2019年11月28日閲覧
  8. ^ マリーンカップ競走優勝馬 - 南関東4競馬場公式  2015年4月16日閲覧
  9. ^ サンビスタ号が競走馬登録抹消日本中央競馬会、2016年3月11日閲覧
  10. ^ クイーンマンボ - netkeiba、2017年10月6日閲覧

外部リンク編集