ヒッポナクス

紀元前6世紀のギリシアの詩人

ヒッポナクス英語: Hippōnax古代ギリシア語: Ἱππῶναξ[1])は、紀元前540年ごろの、ギリシアイアンボス詩人である。

ヒッポナクス

人物編集

ヒッポナクスはエペソスで生まれたが、追放されてクラゾメナイで貧しい生活をした[2]。敵に対する誹謗中傷を、イアンボスを用いた詩で表現したことで知られる。彼による悪口の詩は、彫刻家を自殺に追い込んだほどであったという。しかし、現存する詩はわずかな断片に限られる[3]

脚注編集

  1. ^ West, Martin L. (2015), “Hipponax” (英語), Oxford Research Encyclopedia of Classics (Oxford University Press), doi:10.1093/acrefore/9780199381135.013.3125, ISBN 978-0-19-938113-5, http://classics.oxfordre.com/view/10.1093/acrefore/9780199381135.001.0001/acrefore-9780199381135-e-3125 
  2. ^ Hipponax- Encyclopedia Britannica 1911
  3. ^ Christopher G. Brown, 'Hipponax', in A Companion to the Greek Lyric Poets, Douglas E. Gerber (ed), BRILL, 1997. 90-04-09944-1. Cf. p.81