メインメニューを開く

ヒトエグサ(一重草、学名:Monostroma nitidum)はアオサ藻綱ヒビミドロ目ヒトエグサ科ヒトエグサ属の海藻の一種[2]

ヒトエグサ
分類
ドメ
イン
: 真核生物 Eukaryota
: 植物界 Plantae もしくは

アーケプラスチダ Archaeplastida

亜界 : 緑色植物亜界 Viridiplantae
: 緑藻植物門 Chlorophyta
: アオサ藻綱 Ulvophyceae
: ヒビミドロ目 Ulotrichales
: ヒトエグサ科 Monostromataceae
: ヒトエグサ属 Monostroma
: ヒトエグサ M. nitidum
学名
Monostroma nitidum Wittrock
シノニム

ヒロハノヒトエグサ Monostroma latissimum[1]

和名
ヒトエグサ

食用とされる「あおさ」「あおのり」の多くは本種であり、食品として広く活用されている海藻である[3]

目次

特徴編集

分布

日本では本州太平洋沿岸から九州南西諸島に、日本国外では朝鮮半島中国南部に分布する。

生育環境

冬季から初夏に潮間帯の岩上に生育する。

形態

長さ4-10cmの葉状の緑藻。植物体が1層の細胞からなり、このため一重草という和名がついている。ヒトエグサは同属よりも薄く柔らかく、形状はほぼ円形で、成長するに従って放射状に裂けたり、しわができる。

利用編集

 
アオサ味噌汁」として提供されているヒトエグサの味噌汁(はま寿司

商品作物として、海苔の佃煮ふりかけの原料などに利用される。生の状態や乾燥食品として流通するものは、味噌汁お吸い物など汁物の実としたり、卵焼きに混ぜたり、海藻サラダの具にしたりと、様々な家庭料理に活用される。沖縄県ではアーサと呼び、アーサ汁天ぷらなどの材料とされる。

生産編集

日本における生産量が第1位の都道府県三重県であり、全生産量の6〜7割[4]を占める。的矢湾(伊雑ノ浦)・英虞湾伊勢湾五ヶ所湾などが主な産地である。特に全生産量の約3割[5]を占める、的矢湾や英虞湾を擁する志摩市では「志摩市あおさプロジェクト」(志摩半島ではヒトエグサを指して「あおさ」と呼ぶ)を立ち上げ、ヒトエグサをモチーフにした「あおサ〜」[6]というゆるキャラも登場している。

分類編集

上述のようにヒトエグサはアオサの仲間と混同されることがあるが、アオサとヒトエグサは分類学上単位で分けられており、アオサの仲間の多くは細胞の層が2層であり、ヒトエグサの手触りがぬるぬると滑っている点などで区別ができる。また生活環も異なっており、ヒトエグサを含むヒビミドロ目配偶体胞子体の大きさや形状が明瞭に異なるのに対し、アオサを含むアオサ目はそれらの違いがはっきりしない同形世代交代である[7]

脚注編集

  1. ^ 吉田忠生・嶌田智・吉永一男・中嶋泰 (2005)『日本産海藻目録(2005年改訂版)』 藻類、53:179-228. [リンク切れ]
  2. ^ 吉田忠生・嶌田智・吉永一男・中嶋泰 (2005)『日本産海藻目録(2005年改訂版)』 藻類、53:179-228. では緑藻綱アオサ目に分類されている。 [リンク切れ]
  3. ^ 志摩市あおさプロジェクト 2011年6月8日 閲覧 [リンク切れ]
  4. ^ 外部リンク先の記述による。
  5. ^ 志摩市あおさプロジェクト公式ウェブサイト中の記述による。
  6. ^ 志摩市の広報紙である『広報しま』の表紙等に利用されている。
  7. ^ 中山剛・井上勲 『アオサ藻綱』 「藻類の多様性と系統 バイオディバーシティ・シリーズ3」 千原光雄編、裳華房、1999年、279, 282頁、ISBN 4-7853-5826-2

参考文献編集

  • 中山剛・井上勲 『アオサ藻綱』 「藻類の多様性と系統 バイオディバーシティ・シリーズ3」 千原光雄編、裳華房、1999年、279-284頁、ISBN 4-7853-5826-2
  • 財団法人海中公園センター監修、宇井晋介・亀崎直樹著 『沖縄海中生物図鑑 第6巻 海藻・海浜植物』 新星図書出版、1988年、33頁。
  • 千原光雄著 『標準原色図鑑全集 第15巻 海藻・海浜植物』 保育社、1970年、3-4頁。

外部リンク編集