飲み物を飲んでいるヒバロ族の女性

ヒバロ族スペイン語: Jívaro あるいは Jíbaro)はアマゾン川上流のマラニョン川に住む少数民族。全体の人口は不明であるが、1960年時で14000人前後。

名称編集

ヒバロという用語は、シュアール語(ヒバロ語)において「人々」を意味するシュアール(Shuar)のスペイン語綴りに由来する転訛であると考えられている[1]。「ヒバロ」という言葉はスペインによる統治時代には「野蛮人」の意味を持っており、シュアール英語版(ヒバロ)族はこの呼び名を蔑称と見なしている。またメキシコプエルトリコ等のエクアドル国外では、「ヒバロ」は「田舎者」の意味を持っている。

グループ編集

ヒバロ族(Jivaroan peoples)は以下のように分類される:

特徴編集

かつては首狩りの風習があり、手に入れた首級を乾燥させ全体を縮小させ目や口を糸などで縛った乾首(ツァンツァ)に加工していたことで有名である。一夫多妻制をとる。

生活編集

マニオク栽培する焼畑農耕民。また吹き矢を使用した狩猟漁猟なども行う。

関連項目編集

参考文献編集

出典編集

  1. ^ Gnerre, Maurizio 1973 “Sources of Spanish Jívaro,” in Romance Philology 27(2): 203-204. Berkeley: University of California Press.