メインメニューを開く

ヒマンタンドラ科[2][3](Himantandraceae)は双子葉植物のひとつでガルブリミマ属Galbulimima[3]1属のみからなる単型科。位置づけは体系によって異なるが、植物解剖学の知見、分子系統学の解析結果から原始的被子植物と考えられている。

ヒマンタンドラ科クロンキスト体系
CSIRO ScienceImage 7626 Leaves and flowers of Galbulimima baccata.jpg
ガルブリミマ・ベルグラウェアナ Galbulimima belgraveana
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : モクレン亜綱 Magnoliidae
: モクレン目 Magnoliales
: ヒマンタンドラ科 Himantandraceae
学名
Himantandraceae
Diels (1917)

Wolrd Flora Online や Hassler (2019) はガルブリミマ属の構成種をガルブリミマ・ベルグラウェアナ[3]Galbulimima belgraveana (F.Muell.) Sprague; シノニム: G. baccata F.M.Bailey, Himantandra belgraveana (F. Muell.) Diels)のみとしている[4]ため、本項目では併せてガルブリミマ・ベルグラウェアナについても述べる。この種はパプアニューギニアではアガラ(agara)[3]マグノリア(magnolia)と呼ばれ、アルカロイドを含む樹皮や葉が幻覚剤とされる[2](参照: #利用)。

分類編集

APG植物分類体系編集

APG植物分類体系では、デゲネリア科Degeneriaceae)と姉妹群をなすとされ、原始的な被子植物の一群としてモクレン目の中におかれる。

クロンキスト体系編集

クロンキスト体系ではモクレン目に入れ、原始的な被子植物と見なす。

新エングラー体系編集

新エングラー体系でもモクレン目に入れる。

分布編集

特徴編集

樹皮は灰-灰褐色、ときに鱗片状で小突起があり[2]、強い芳香がある[3]

葉は全縁で表面に光沢が見られる[3][2]

花は薄黄色あるいは黄褐色調で萼片花弁もないが雄蕊(おしべ)が多くて人目につきやすく、色の萼があるかのように見える[3]

果実は赤色で径1.5-3センチメートルである[2]

利用編集

パプア島先住民はガルブリミマ・ベルグラウェアの樹皮と葉をサトイモ科ホマロメナ属Homalomena)の植物(現地名: エレリバ ereriba)と共に煮て茶とし、幻覚を体験する[6]。ガルブリミマ・ベルグラウェアナからは28種のアルカロイドが分離されている[3]

諸言語における呼称編集

パプアニューギニア:

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ BGCI & IUCN SSC Global Tree Specialist Group (2018).
  2. ^ a b c d e 熱帯植物研究会 (1996).
  3. ^ a b c d e f g h シュルテスら (2007:43).
  4. ^ World Flora Online, http://www.worldfloraonline.org/, 17 May 2019
  5. ^ Hassler (2019).
  6. ^ シュルテスら (2007:43,44).
  7. ^ Gajdusek (1976:272).

参考文献編集

英語:

  • Botanic Gardens Conservation International (BGCI) & IUCN SSC Global Tree Specialist Group (2018). Galbulimima belgraveana. The IUCN Red List of Threatened Species 2018: e.T135895049A135895051. doi:10.2305/IUCN.UK.2018-2.RLTS.T135895049A135895051.en Downloaded on 17 May 2019.
  • Gajdusek, D.C. (ed.) (1976). Correspondence on the Discovery and Original Investigations on Kuru: Smadel-Gajdusek Correspondence, 1955-1958. Bethesda, Md.: National Institute of Neurological and Communicative Disorders and Stroke, National Institutes of Health. NCID BA61617336. https://books.google.co.jp/books?id=FAUf2gj0Wr8C&q=pinto+Galbulimima&dq=pinto+Galbulimima&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwiN_77S4qviAhUAxosBHT4UB_MQ6AEIMDAB. 
  • Hassler M. (2019). World Plants: Synonymic Checklists of the Vascular Plants of the World (version Nov 2018). In: Species 2000 & ITIS Catalogue of Life, 2019 Annual Checklist (Roskov Y., Ower G., Orrell T., Nicolson D., Bailly N., Kirk P.M., Bourgoin T., DeWalt R.E., Decock W., Nieukerken E. van, Zarucchi J., Penev L., eds.). Digital resource at http://www.catalogueoflife.org/annual-checklist/2019. Species 2000: Naturalis, Leiden, the Netherlands. ISSN 2405-884X.

日本語:

外部リンク編集