メインメニューを開く
画像提供依頼:鳴き声の画像提供をお願いします。2009年8月

ヒメアマガエル(姫雨蛙、Microhyla okinavensis)は、ヒメアマガエル科ヒメアマガエル属に分類されるカエル

ヒメアマガエル
ヒメアマガエル
ヒメアマガエル Microhyla okinavensis
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: 無尾目 Anura
亜目 : Neobatrachia
: ヒメアマガエル科 Microhylidae
: ヒメアマガエル属 Microhyla
: ヒメアマガエル M. okinavensis
学名
Microhyla okinavensis
Stejneger, 1901
和名
ヒメアマガエル

分布編集

形態編集

体長2.2-3.2cm。体形は扁平で、胴体は幅広いのに頭部は小型で、独特の体型をしている。全身はほぼ褐色で、背面中央に濃い褐色の斑紋がある。前足は小さく、後肢はよく発達し、跳躍力も強い。脚の水かきはあまり発達しない。

分類編集

以前はM. ornataシノニムとされていたが、2005年に独立種として分割された。また、以前はジムグリガエル科とされていた。

生態編集

低地から山地にかけての森林草原などに生息する。夜行性

食性は動物食で、主にアリを食べる。

繁殖形態は卵生。周年繁殖(主に3-7月)し、1回に270-1200個の水面に浮かぶ卵を産む。浅い水であればほとんど何でもよく、バケツのたまり水や道路の水たまりにまで見られることがある。

幼生オタマジャクシ)は独特で、体は腹背にやや扁平で、目は左右両端にある。胴体は透明で、内臓が透けて見える。他のオタマジャクシは水底にいて、大きく尾を動かして泳ぐのに対して、ほとんど中層にあって、細かく尾先を動かしておよぐ。

脚注編集

  1. ^ a b ヒメアマガエル 国立環境研究所 侵入生物データベース

参考文献編集

  • 千石正一監修 長坂拓也編著 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、309頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 両生類はちゅう類』、小学館2004年、54頁。

関連項目編集

外部リンク編集