メインメニューを開く

ヒメカブト (Xylotrupes gideon) は、昆虫綱甲虫目カブトムシ亜科に属するカブトムシの一種。日本のカブトムシの胸角を引き伸ばした様態で、相手をがっちりと挟み込むことができる。生態的にも近いものがある。繁殖力や環境への適応力があり、東南アジア一帯に普通種として広く分布し、15もの亜種を持っている。

ヒメカブト
タイヒメカブト
タイヒメカブト Xylotrupes gideon siamensis
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: コウチュウ目 (鞘翅目) Coleoptera
亜目 : カブトムシ亜目 Polyphaga
上科 : コガネムシ上科 Scarabaeoidea
: コガネムシ科 Scarabaeidae
亜科 : カブトムシ亜科 Dynastinae
: 真性カブトムシ族 Dynastini
: ヒメカブト属 Xylotrupes
: ヒメカブト X. gideon
学名
Xylotrupes gideon
Linneaus, 1767
亜種

本文参照

成虫がサトウキビの茎の内部にトンネルを掘って潜み、その中で吸汁・摂食を行うため、サトウキビの重要な害虫であるという説もあるが、奄美・沖縄でのさとうきびの被害は報告されていない。輸入は植物防疫法によって禁止されている。ただし厳密に守られているわけではなく、検疫体制の網の目をくぐって容易に購入されてしまっている。

メンクワン編集

タイ王国北西部の都市チェンマイでは、古くからヒメカブトを戦わせる昆虫相撲行事(メンクワン)が行われている。

分類学上ヒメカブトは日本カブトムシと近縁であり、闘争心も強い。生息域を同じくして、ヒメカブトより大型のゴホンツノカブトが存在するが、ゴホンツノカブトは大人しいため、使用されることはない。

バルサの丸太の中をくり貫き、そこにメスをいれ、顔をのぞかせるようにする。その丸太の上にオスを置き、戦わせるのである。肢が全て丸太から離れたら負け。優勝者には賞金があるほか、そのカブトムシは高値で取引されるため盛り上がる。

その行事の前には胸角を紐でサトウキビに括り付け、売られる姿が見られる。

現在、メンクワンによるオスの乱獲で個体数減少が危ぶまれたが、現地でヒメカブトを飼育して増やそうという団体も発生した。

亜種編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集