メインメニューを開く
ヒュプセウスが生まれたと伝えられるピンドス山。

ヒュプセウス古希: Ὑψεύς, Hypseus)は、ギリシア神話の人物である。「天の王」の意味とされる[1]テッサリアーの河神ペーネイオスと水のニュンペークレウーサの子で、スティルベーと兄弟[2]。娘アステュアギュイア[3]キューレーネー[4][5]テミストーの父[6][7][8][9]

ヒュプセウスはラピテース族の王で、クレウーサはピンドス山中でヒュプセウスを生んだとされる[10]

娘のうち、アステュアギュイアはラピテース族のペリパースとの間にアンティオーンをもうけ、アンティオーンはアミュターオーンの娘ペリメーレーとの間にイクシーオーンをもうけた[3]。キューレーネーはアポローンとの間にアリスタイオスを生み[5]、テミストーはアタマースと結婚した。

系図編集

 
 
 
 
ガイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペーネイオス
 
クレウーサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒュプセウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダプネー
 
スティルベー
 
アポローン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キューレーネー
 
アポローン
 
 
 
 
 
 
 
 
ラピテース
 
ケンタウロス
 
アイネウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テミストー
 
 
 
 
 
 
 
 
アリスタイオス
 
 
 
アステュアギュイア
 
ペリパース
 
アミュターオーン
 
 
 
 
 
ポルバース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レウコーン
 
スコイネウス
 
 
 
アクタイオーン
 
 
 
 
 
アンティオーン
 
 
 
ペリメーレー
 
 
 
アウゲイアース
 
アクトール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンドレウス
 
エウイッペー
 
 
アタランテー
 
 
 
 
アタマース
 
 
 
ネペレー
 
イクシーオーン
 
ディアー
 
ゼウス
 
 
モリオネ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エテオクレース
 
 
ケーピソス
 
 
 
 
プリクソス
 
ヘレー
 
ケンタウロス族
 
 
 
 
ペイリトオス
 
ヒッポダメイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュポイテース
 


脚注編集

  1. ^ カール・ケーレニイの下記邦訳、p.172。
  2. ^ シケリアのディオドロス、4巻69・1。
  3. ^ a b シケリアのディオドロス、4巻69・3。
  4. ^ ピンダロス『ピュティア祝勝歌』第9歌13行1-18行。
  5. ^ a b シケリアのディオドロス、4巻81・1。
  6. ^ アポロドーロス、1巻9・2。
  7. ^ ヒュギーヌス、1話。
  8. ^ ヒュギーヌス、239話。
  9. ^ ヒュギーヌス、243話。
  10. ^ ピンダロス『ピュティア祝勝歌』第9歌14行-17行。

参考文献編集