ヒュンダイ・イオン

イオン (EON) は、2011年から2019年まで現代自動車が製造・販売していたAセグメント級のシティカーである。インドで生産が行われ、フィリピンベトナム、中南米諸国などの新興市場へ輸出されていた。2011年にヒュンダイ・サントロ/アトスプライムの後継車種として登場したが、2018年に登場した後継車種は再びサントロ/アトスの車名を使用している。

概要編集

イオン
販売期間 2011年-2019年
ボディタイプ 5ドアハッチバック
エンジン 0.8/1.0L I3
駆動方式 FF
変速機 5MT
全長 3,495mm
全幅 1,550mm
全高 1,500mm
ホイールベース 2,380mm
車両重量 760–790kg
先代 ヒュンダイ・アトスプライム/サントロ
後継 ヒュンダイ・アトス/サントロ
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

開発コード名HA。インド市場での最量販車種であるマルチ・スズキアルトK10(5代目ベース、0.8L)やアルト800(7代目ベース、0.8L)の対抗車種としてヒュンダイの南陽技術研究所にて開発された。ヒュンダイのラインナップでは既存のサントロi10よりさらに下位に位置する新たなエントリーモデルとなる。スタイリングは近年のヒュンダイ車の例にもれずフルイディック・スカルプチャー(fluidic sculpture 、流体の彫刻)デザイン言語に則ったものとなっている。

エンジンは新開発の直列3気筒 9バルブSOHC814ccエンジンが搭載される。最高出力、最大トルクはそれぞれ56仏馬力/5,500rpm、7.6kgm/4,000rpmとなる。燃費は21.1km/lでアルトK10(1.0L)の20.2km/l、アルトの19.7km/l、スパークの18.0km/lを上回る。

インド向けの車両にはエアバッグ、前席シートベルトプリテンショナー、ABSなどの安全装備がなく、グローバルNCAPが公表した衝突安全テストでは、成人乗員保護性能の評価が最低の星ゼロになった[1]

価格は地域によって異なるがデリーでは269,999ルピー~という設定がなされている。

ヒュンダイ・モーター・インディアではイオンの年間販売目標を15万台としている[2]

脚注編集

外部リンク編集