i20とは、韓国現代自動車の欧州Bセグメント級のサブコンパクトカーである。1セグメント下のi10同様、インドチェンナイ工場で生産が行われ、欧州市場などに輸出される。[1]従来のゲッツ/クリック(日本名:TB)に代わる車種であるが、韓国市場ではi20の販売が行われないため、アクセントがヒュンダイのエントリーモデルとなる。また、インド市場では従来のゲッツも併売される。

ヒュンダイ・i20
Hyundai i20 front.JPG
Hyundai i20 rear.JPG
ボディタイプ ハッチバック
エンジン 直4 1.2L、1.4L、1.4L CRDi
駆動方式 FF
変速機 5MT、4AT
全長 3,940mm
全幅 1,710mm
全高 1,505mm
ホイールベース 2,525mm
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

日本市場には2009年内にも導入されると報じられたが[2]、乗用車販売からの撤退[3]によりその可能性は消滅している。そのため日本で市販車を見ることはないが、i20クーペNについては世界ラリー選手権でヒュンダイ・モータースポーツGmbHが開発するWRカーグループRally2車両のベースとしてその存在がよく知られている。

歴史編集

初代(PB型、2008年-2014年)編集

ボディタイプは3ドアおよび5ドアハッチバックの2種類。2008年10月パリモーターショーにて5ドアが、翌2009年3月ジュネーヴモーターショーで3ドアがそれぞれ世界初公開された。インドでは2008年12月29日に発売が開始された。[1]

キア・ソウルとプラットフォームを共有する。エンジンは1.2L 57kW/77PS、1.4L 74kW/99PS、1.4Lディーゼル(55kW/74PSと66kW/89PS)の4種類で、トランスミッションは5MTと4ATが用意される。

ユーロNCAPでは5つ星を獲得している。[4]

2012年にフェイスリフトが行われた。 フルモデルチェンジに準ずる大きな変化を経験した。 現代自動車の新しいデザイン哲学が適用され、横型ヘッドランプやエラントラに似たグリルデザインが採用された。 パワートレイン面では1.6ガソリンエンジンがラインアップから消え、1.1ディーゼルエンジンが追加された。 欧州市場ではそれなりの売れ行きが好調だった。

2代目 (GB/IB型、2014年-2020年)編集

2014年にフルモデルチェンジを経て、第2世代へと進化した。 単純化されたヘキサゴナルグリルが適用され、第1世代に比べてかなり直線的で成熟した外観を示している。 その後、3ドア仕様の「クーペ」、クロスオーバー仕様の「アクティブ」も登場している。2016年にはこの車をベースにラリー仕様の「i20WRC」が登場した。2018年には5ドアおよびアクティブ仕様のフェイスリフトモデルが公開された。


インド市場向けモデルは開発名IBとして開発され、「エリートi20」という名前で発売された。 欧州市場向けモデルに比べ、コスト削減を相当行った。

i20 (3代目)
製造国 トルコ、インド
販売期間 2020年〜
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアハッチバック
エンジン

1.0ガソリンターボ(100ps・120ps) 1.2ガソリン(84ps)

1.5ディーゼル(100ps)
駆動方式 前輪駆動
変速機

5速マニュアル 6速マニュアル 4速自動変速機

7速DCT
全長 4,040mm
全幅 1,750mm
全高 1,450mm
ホイールベース 2,580mm
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

3代目 (BC3型、2020年-)編集

2020年2月に公開された。 「第7世代エラントラの感じが非常に強い。 5ドアハッチバックが先に公開され、今後アクティブモデルの発売も予定されている。 3ドアモデルは需要低迷により発売されない。 インテリアには10.25インチLCD計器板と10.25インチタッチスクリーンがオプション仕様で含まれており、他の現代自動車と似た姿を見せている。 48Vマイルドハイブリッドパワートレインを提供し、スポーティなデザインを備えた「NLINE」をラインナップしている。 2021年には高性能仕様の「i20N」が発売される予定である。

脚注編集

外部リンク編集